ボローニャ戦で足首負傷のボリーニ、軽傷も大事には至らず

写真拡大

▽ミランに所属する元イタリア代表FWファビオ・ボリーニが10日に行われたセリエA第16節のボローニャ戦で負傷した。しかし、大事には至らなかったようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽ボローニャ戦に先発出場したボリーニは、試合中に足首を痛めた模様。チームは2-1とガットゥーゾ体制初勝利を飾ったが、ボリーニは83分にカラブリアと交代していた。

▽『フットボール・イタリア』によると、11日の朝に行われた検査の結果、ボリーニは重傷でないことが判明。13日に行われるコッパ・イタリア5回戦のヴェローナ戦を欠場する可能性はあるが、17日に行われるセリエA第17節のヴェローナ戦には出場可能だという。