伊東純也【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は11日、翌日のEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会(E-1)の中国代表戦に向けて練習を行った。

 初戦の朝鮮民主主義人民共和国代表戦で途中出場した伊東純也は、自慢のスピードを活かしてサイドを疾走した。「仕掛ける意識は出せたかなと思います」と、本人も一定の手応えを得た様子だ。

 それでもアピールはできていないと考えているようで、「特に結果は出してない。結果が出せるように頑張りたい」と口にした。

 第1戦の後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「伊東(純也)もボールを持ったら仕掛けて相手を抜いていくことができた。そのような選手がチームにプラスをもたらすことができると思います。1対1で相手を抜ける選手は多くないので良かった。彼の仕掛ける能力、抜き去る能力、サイドで違いを生む姿を評価したい」と評価していた。

 だが、伊東は「いや、特には何も言われてない」ようで、「そんな褒められるようなプレーはしてないです」と控えめに話した。

 とはいえ、貴重なピースになる可能性を伊東が示したのは事実。中国戦でも存在感を示せれば、アタッカー陣の争いに割って入ることができるのではないだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部