ハイチ戦の「リベンジ」を誓う東口順昭「僕もあれくらい貢献したい」

写真拡大

 10月に行われたキリンチャレンジカップ2017のハイチ戦に先発出場したGK東口順昭(ガンバ大阪)は、今回の大会で「リベンジ」を誓った。

 同試合で3失点を喫し、チームを勝利に導けなかった東口は、自分の価値を証明するために、12日の中国戦に意気込んでいる。「確実にレベルが上がってきている相手」と前置きしつつ、「いろいろなシステムを使ってくるので、ピッチに立った時は臨機応変に対応したい」と、自分が出場した時のイメージを膨らませていた。

 朝鮮民主主義人民共和国戦では中村航輔(柏レイソル)が活躍。「あれがGKとして何よりも評価される」と仲間の活躍を素直に称賛し「僕もあれくらいの貢献度を目指していきたいですね」と自分自身の奮起も期待した。

 国内組だけの出場とあって「ディフェンスラインはコミュニケーションがもっと必要」だと考えているものの、「それが代表なので。しっかり準備して臨たいです」と日本代表としての心構えも語っている。