工藤阿須加、月9『海月姫』で恋に落ちる童貞エリート役!原作者「バッチリハマる」

写真拡大

工藤阿須加が、2018年1月にスタートする芳根京子主演の新ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)に出演が決定。月9ドラマ初出演で“童貞エリート”の鯉淵修役を演じることが分かった。

本作は、筋金入りの“クラゲオタク女子”の倉下月海(芳根)が、女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と、その弟・修の凸凹兄弟に出会い、それをきっかけに、新しい自分、新しい生き方を発見。さらに三角関係になり、自分には一生縁がないと思っていた恋を知る姿を、ギャグを交えて描く、新感覚の“シンデレラ・コメディー”。大人気漫画家・東村アキコの累計発行部数440万部以上を誇る大ヒット同名作品が原作だ。

修と蔵之介は、与党の最大派閥を率いる大物国会議員・鯉淵慶一郎を父に持つ腹違いの兄弟。父と愛人との子で、将来政治家にするために母から離され、鯉淵家に引き取られた兄・蔵之介の悲しみを思い、本妻との子である弟・修は、小さい頃から蔵之介のことをとても大切にしている。ただし、2人の性格は正反対。蔵之介は自由奔放で、付き合った女性は数知れないプレイボーイ、そしてファッションとして女装を楽しむ規格外な個性を放つ。修は、超がつくほど真面目な性格で、来る選挙戦に向けて父の秘書として働きながら、政治家の道を継ぐべく将来を嘱望されるエリート。しかし、とある過去の出来事がトラウマになり、付き合った女性はこれまでいない。

そんな修が、ある日、蔵之介にファッションとメークという魔法をかけられ、別人のように愛らしくなった月海に出会い、一目で恋に落ちてしまう。月海もまるで王子様に出会ったかのような様子で、それ以来、修の姿が頭から離れない。そんな2人の心の揺れに気づいた蔵之介は「まさか俺がオタク女子に!?」と、自分でも信じられないことに胸をギュッと締め付けられることになる。

工藤は、本作への出演について「『海月姫』を読んでハマった1人なので、ドラマだからこそ創れる世界をファンの方々にお届けできるのではないかと心躍らせました」と語り、一方で「コミック原作のキャラクターを演じさせていただく嬉しい気持ちと、ファンの方々をガッカリさせられないという不安。両方の気持ちがありました」と素直な心境を告白している。

そして、ドラマ版では弟として登場する修について「仕事の時は凛とした佇まいのエリート。だけど、恋をしている時の女性への免疫のなさがギャップという設定で、とても惹かれました」と語り、「原作ファンの方、初めて『海月姫』を知る方、両方に楽しんでいただける作品にしたいです。工藤阿須加で良かったと思ってもらえるように取り組んでいきたいです」と意気込んでいる。また、原作の東村アキコも「政治家の秘書なのに女性と付き合ったことがない堅物&ピュアな役なんですが、工藤くんなら絶対にバッチリハマる!!! と思いました」と太鼓判を押している。