東口順昭【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は11日、翌日のEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会(E-1)の中国代表戦に向けて練習を行った。

 初戦の朝鮮民主主義人民共和国代表戦では中村航輔がビッグセーブを連発するなど鮮烈なデビューを飾った。柏レイソル所属の守護神の活躍について、ハリルジャパンの常連である東口順昭は「素晴らしかったと思います」とし、「チームの勝利に貢献がもろにできていたので、あれは僕も目指していきたいと思いますし、あれができたらGKとしては何よりの評価だと思うので」と、ライバルから得るものがあったことを明かした。

 全体的に代表経験の浅い選手が多い今大会だが、最終ラインもその例に漏れずフレッシュな顔が並ぶ。東口は「コミュニケーションをしっかり取っていかないとあかんと思うし、そういう中でやるのが代表なのでしっかりやっていきたい」と意気込みを述べた。

 ハリルジャパンのGK争いは川島永嗣が一歩リードしている状況だが、その他は誰が入ってもおかしくない。個人として存在感を示したいところだが、東口はチームを優先する。

「試合出たらね、それは評価されると思いますけど、チームの勝利のために貢献できれば。それがアピールになると思うんで、まず勝つことだけやっていきたいですね」

 新鋭の大活躍でGK争いもより熱を帯びてきそうな中、東口も自身の価値を証明したいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部