大恋愛の末に失恋……。「もう二度と恋なんてしない!」と、ふさぎこんでしまうこともあるかもしれません。しかし、失恋のあとに本当の愛を掴むこともあるのです。


出典:NOSH

そこで今回は、失恋後の新たな恋の行方についてご紹介いたします。

 

■1:感情線の先端に横線もしくは線上に赤い斑点がある…別れの後に運命の出会いが

この手相の人は、“好きな人との別れ”や“悲しい恋愛”を示す手相の持ち主。感情線が短い横線で遮られているのは、“愛する人と別れてショックを受けること”を意味するもの。また、感情線上に現れる線で囲まれた部分“島”は、悲愛を意味します。赤い斑点は近いうちに恋愛トラブルに巻き込まれる暗示で、解決すると次第に消えていくはずです。いずれも別れのあとに良い出会いが訪れることが多く、次の恋はうまくいきやすいでしょう。

 

■2:感情線の先端に線で囲まれた「島」がある…最愛の人と元サヤに戻って幸せに

この手相の人は、一度は最愛の人と別れますが、元サヤに戻る可能性があると言えます。感情線の先端に島があるのは、ちょっとした行き違いなどで、“最愛の人と一度は別れてしまうこと”を示すもの。原因は口喧嘩やすれ違いであることが多いのですが、元のサヤに収まることも多いので、諦めずに話し合いの場をつくるようにしましょう。また、遠距離恋愛になったり、どちらかが長期入院などの時にもこの手相はあらわれることがありますよ。

 

■3:感情線からの支線が親指の付け根「金星丘」まで伸びる…次の恋でうまくいく

この手相は、“忘れられない失恋を経験した人の手相”と言われます。感情線から出た支線が生命線を横切り、親指付け根部分の金星丘まで達しているのは、“一生忘れられないような大恋愛を終えたこと”を示すもの。過去の恋愛を整理して前向きに生きていくことで、過去の恋を上回るような運命の出会いが訪れるはずですよ。

 

■4:感情線からの枝分かれ(支線)が知能線に届く…恋の痛みが魅力となり愛される

この手相の人は、“立ち直れないほどの失恋を経験する可能性がある”とされます。感情線から伸びた支線が知能線まで伸びている場合は、失恋で強いショックを受け、傷心がしばらく続くことを示しているもの。何もかも放り出してしまいたいと思うこともあるでしょう。しかし、過去につらい経験があるため、心根が純情で人の痛みがわかるように。それが魅力となって、素敵な異性から愛される予感がありますよ。

 

恋が一度でうまくいけば、それに越したことはないかもしれません。しかし実際には、なかなかうまくいかないこともあるでしょう。手痛い失恋の経験があるからこそ、次の恋がより輝かしいものになるはず。前向きな気持ちでいることで、きっと真の愛は現れるはずですよ。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

※ イラっとする…「年上彼氏」が実は嫌がっている5つのコト

※ 破局の原因にも…やってはいけない“同棲中”のNG行為