「自分からアクションを」 川崎Fの“万能アタッカー”阿部浩之がアピールに意欲《EAFF E-1サッカー選手権》

写真拡大

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。

▽トレーニング終了後、FW阿部浩之がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。川崎フロンターレの万能アタッカーは、「どこで出ても、前ならできる」と話し、「自分からアクションしていきたい」と代表定着へアピールを誓った。

◆FW阿部浩之(川崎フロンターレ)

──プレーポジションについて

「まだわからない。でも、どこで出ても、前ならできると思う。チームの勝ちにつながるようなプレーをしたい」

──アピールの手応えは

「あんまりない。もうちょっと(長く北朝鮮戦に)出れていればっていう思いはある。でも、あの中で、自分が点を獲るシチュエーションを自ら作っていくぐらいにならないといけない。そういう意味で、まだまだ足りない」

──まだ自分のスタイルをアピールしていく必要性があるか

「どんどん自分からアクションしていくことが大切。みんな、良い選手だから良さを出してくると思うので、自分から積極的に動くことが大事になってくる」

──プレーイメージは

「シュートに持っていける時間を作っていきたい。外でも、中でも、どっちもそうしていきたい」