ボルネオFCのテレンス・プヒリの驚愕のスプリントが話題に(画像はスクリーンショットです)

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月に海外サッカーで誕生した仰天の“80m独走弾”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月に海外サッカーで誕生した「世界の野人の“8秒弾”」だ。80メートルを超人的なスピードで爆走し、わずか2タッチで、最後はGKも交わしてゴールを決めたカウンター弾が炸裂。「8秒間の衝撃」を米FOXスポーツアジア版の公式インスタグラムが動画付きで紹介すると、海外ファン、メディアから「目を疑う衝撃映像」「チーターじゃないよね?」と仰天の声が上がった。

「世界の野人」はスゴかった。ピッチにただ一人、陸上選手が混じっているようだった。そんな驚愕ゴールが生まれたのは、10月23日のインドネシア1部ボルネオFC対ミトラ・クカールの一戦だ。2-0とリードして迎えた後半25分。ボルネオFCはロングレンジからの相手シュートをブロックすると、大きく跳ね返ったボールは前線へ。これに反応したのが、テレンス・プヒリだった。

 そして、ここから信じられない加速を見せる。攻め上がっていた相手のディフェンスは、センターサークル付近に1人だけ。プヒリはあっという間にトップスピードに乗ると、センターライン右サイドでボールに追いつき、スライディングを仕掛けてきた相手をワンタッチでぶち抜いた。しかし、驚異の韋駄天の独走は止まらない。

 視界に残っているのはGKだけ。20メートルほど大きく蹴り出したボールにGKがエリアから決死の飛び出しを見せた。トップスピードのまま、迎えた1対1。しかし、プヒリは進路を左前方に取り、ファウル覚悟で体で止めにきたGKを再びワンタッチでぶち抜き、あとは無人のゴールに悠々と左足で流し込んだ。そのまま客席に両手を広げて駆け、歓喜を爆発させていた。

 走り出してからシュートまでたった8秒ちょっとの衝撃弾。およそ80メートルの距離をディフェンスを交わしながらとしては驚異と言っていいだろう。

海外ファン、メディアも騒然「ベイル?メッシ? そういうレベルの領域じゃない」

 米FOXスポーツアジア版は「テレンス・プヒリは生存する中で最速の人間? このウィンガーは一晩中、世間を騒がす存在となった」と公式インスタグラムに動画付きで紹介した。映像を見ると、大きなストライドながら驚異的な細かいピッチで芝生の上を駆け抜けているのが見て取れ、ファンに驚愕が広がっている。

「ベイル?メッシ? もはやそういうレベルの領域じゃない」
「チーターではないよな?」
「サッカー界のみならず世界に衝撃を与えた映像」
「光速とはこういうことを言う」
「常識を塗り替えたスプリント」
「このワンシーンで伝説の存在になった」

 このように賛辞が相次ぎ、さらに海外メディアも反応。英紙「デイリー・メール」は「ボルネオFCのテレンス・プヒリは我が目を疑うペースで走る衝撃映像で世界最速の選手を証明」、アルバニア情報メディア「ResPublica」は「特定されていない新たなボルト? 見つけたぞ、プヒリ」、スペイン紙「as」は「地球上最速のフットボーラーを発見?」と衝撃を受けている。

 日本の元祖・韋駄天といえば、Jリーグのピッチを駆け抜け、日本代表でも活躍した「野人」岡野雅行が有名だが、“世界の野人”も超人的だ。最近では数々の俊足が陸上のウサイン・ボルトになぞえられてきたが、なかでも“本物級”の世界最速と評された弱冠21歳のプヒリ。海外ファンもうなった“衝撃映像”で一躍、時の人になっていた。