【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は11日、ソウルで北極経済評議会(AEC)の事務局と共同で「第1回韓国―AEC協力セミナー」を開催したと伝えた。

 「北極海上運送に対する挑戦課題と連携の必要性」をテーマに開かれたセミナーで、出席者らは新たな経済的鉱脈として注目されている北極、北方地域での民間経済協力策について議論した。

 セミナーには北極圏国家の高官のほか、大宇造船海洋の権五翼(クォン・オイク)副会長ら韓国の財界人、外交部の尹ガン鉉(ユン・ガンヒョン)経済外交調整官ら韓国政府関係者が出席した。

 韓国がAECと協力セミナーを開催するのは、非北極圏国家として初めて。

 また、外交部は今回のセミナーをきっかけに韓国船主協会が北極経済評議会に加入したとし、韓国企業の北極ビジネス進出のための基盤ができたと説明した。