グランドスラム2度優勝のクズネツォワ、左手首の手術で欠場[全豪オープン]

写真拡大

グランドスラム2度の優勝を誇るスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)が、左手首の手術により、来月の「全豪オープン」を欠場する。

オーストラリア・テニス協会は金曜日、世界ランキング上位100位内の選手で1月15日から28日にかけてメルボルン・パークで開催される大会を欠場するのは、12位のクズネツォワと、右膝に怪我をしているジェン・サイサイ(中国)のみだと述べた。

また、2017年の「全豪オープン」を妊娠中に制し、9月に第1子を出産したセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は「全豪へ戻ってくる見込み」とオーストラリア・テニス協会は発表した。

セレナがメルボルン・パークで優勝すれば、マーガレット・コート(オーストラリア)が持つ4大大会通算24回の最多優勝記録に並ぶことになる。現在、ツアーから離れていたセレナのランキングは、22位まで落ちている。


(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は今年の「ウィンブルドン」のときのクズネツォワ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)