会場内の「ラダーコーヒー」ブースで説明する粕谷哲氏

写真拡大

 11月5日、「船橋珈琲フェスティバル」というイベントが行われた。千葉県の船橋駅に直結した東武百貨店船橋店の催事場を使い、1日限定で実施されたものだ。

 イベントの目玉は大きく2つだった。ひとつは、「各店イチオシ珈琲が飲み放題!」と掲げたコーヒーパスポート(前売り1200円、当日1500円)を購入すると、参加した8店舗のコーヒーが飲めること。もうひとつは「世界チャンピオンが教える『美味しいコーヒーの淹れ方教室』」という参加無料のものだ。コーヒーの抽出技術を競う「ワールドブリュワーズカップ(WBrC)」で2016年に優勝した粕谷哲氏が3回(各1時間)、登壇した。

 筆者は粕谷氏に誘われて視察したが、会場は予想以上に大盛況だった。特に「淹れ方教室」は用意した座席が足りずに立ち見客も多く、粕谷氏が自己紹介で昨年のWBrC大会で優勝したことを話すと、会場の女性から「へぇー」と感心した声が上がった。一般の来場者にも話を聞いたが、船橋駅直結の百貨店という場所柄、船橋市民や近隣の千葉県民が多かったようだ。

 今回は「船橋」を題材に、コーヒーと地域おこしを考えてみたい。

●人口は多いが「コーヒー」の実績は低い

 船橋市の人口は約63万人で、政令指定都市でない中核都市では最大だ。少子化が続き、全国で人口が減る都市も目立つなか、6年間で約2万人増えた。東京23区に通勤・通学する“船橋都民”も多い。一方、船橋市のある千葉県は人口が約625万人で、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、埼玉県に次いで6位だ。こちらも人口は増えている。

 ただし、千葉県はカフェの利用やコーヒーの消費が盛んな地域ではない。「喫茶店におカネを使う都市」では千葉市が15位、前回調査は17位だった(総務省統計局「家計調査」における1世帯当たりの年間支出額。都道府県庁所在地・政令指定都市における2013〜15年の平均)。コーヒーの消費金額も21位で、金額は全国平均を少し上回る程度だ。

 メディアが「豪華なモーニングサービス」を報道する愛知県や岐阜県の喫茶店のような話題性もなく、日本のコーヒーやカフェの生活文化史において、千葉県や船橋市が特筆する活動を示した歴史も、筆者が知る限りない。逆に、そうした地域だからこそ興味を抱いたのだ。

 市場全体では追い風が吹く。喫茶業界は市場規模が1兆611億円(14年)から1兆1270億円(15年)に拡大した再成長産業だ(一般社団法人日本フードサービス協会調べ)。「コンビニコーヒーの大ブレイクが導火線になった」という指摘もある。

●イベント参加店の「実績はさまざま」

 冒頭で紹介したイベントに参加した8店の実績はさまざまだ。そのひとつ「Cafeふくろう」(千葉県八千代市)はオープンして11年目。京成八千代台駅から徒歩7〜8分の場所にある。自家焙煎コーヒーにこだわり、店主の黒沢崇氏は日本スペシャルティコーヒー協会認定のコーヒーマイスターの資格も持つ。固定客も多そうだ。「カフェは人と人をつなげる役割もあり、店を通じて街のハブになりたい」と語る。

「ユーベル(YuBel)」(船橋市)は、今年2月にオープンしたばかり。自家焙煎珈琲豆もあれば、夜はダイニングバーになる“カフェバー”タイプの店だ。店主の鈴木右一郎氏は「プロント」で8年経験を積んだ後、開業した。実家は千葉県鎌ヶ谷市で24年、母が自家焙煎の喫茶店を営んでおり、亡くなった父は商社マンだったという。

「ブラウンサウンドコーヒー」(習志野市)は京成津田沼駅から徒歩5分ほど。千葉工業大学の裏手にある小さな店だ。女性店主の息才鳩美氏は、他の店でバリスタとして勤務していた時にこの店と出会い、スタッフに志願。数年後に新オーナーとして店を受け継いだ。特徴的なロゴとコーヒーへのこだわりは変わらない。

 船橋市役所近くの「アダチコーヒー」(船橋市)は、コーヒー焙煎専門店として3月に開業した。オーナー焙煎士の安達教人氏の経歴は異色で、独立前はリクルートジョブズの社員だった。「前職で営業とマーケティングを鍛えられた」経験を生かし、リスク面も考慮した結果、焙煎豆の販売に特化した店にした。白い壁を基調にした店内はコーヒー豆の色も映える。ただし今回のイベントでは、用意したコーヒー豆など、午前中で品切れとなった品も多かった。貴重な販売機会の損失となり、「まだまだ経験不足です」と素直に反省していた。

●「点」が、「線」や「面」に広がるか

 異色といえば、前述の世界王者・粕谷氏も、もともとはコーヒー業界の出身ではない。茨城県出身で、青山学院大学国際政治経済学部に進学するとファイナンスを専攻。卒業後は都内のIT企業に就職し、取引先企業のITシステムの保守管理や業務改善業務を担当した。ところが在職中の12年に「1型糖尿病」にかかり入院してしまう。

「ヒマだったので、コーヒー豆と器具を買って病室に持ち込んで淹れてみた。そうしたら全然おいしくなく、なぜだろうと考えたのがコーヒーに魅了されるきっかけでした」(同)

 退院後もおいしいコーヒーを淹れることを追究し、その思いが募り、翌年にIT企業を退職して茨城県の人気店「コーヒーファクトリー」に入社。接客をしながらコーヒーの研鑽を積み、わずか3年でWBrC王者に駆け上った。ちなみに同王者はアジア人初の快挙だった。

 その粕谷氏と梶真佐巳氏が共同出資した「ラダーコーヒー」が、今回のイベントを仕掛けたのだ。実質的な仕掛け人は、「ドトールコーヒーショップ船橋駅南口店」(フランチャイズチェーン=FC店)を運営する梶氏で、同店は全国のドトール店舗の中でも屈指の売り上げを誇る繁盛店だ。ラダーコーヒーは「船橋コーヒータウン化計画」を掲げ、焙煎所も設置し、18年2月のカフェ開業に向けて準備を進めている。

 意気込みは評価したいが、千葉県の都道府県別喫茶店数は1454店で、静岡県(人口約380万人)の1439店と同レベルだ。1位の大阪府(喫茶店数9337店。人口約888万人)、2位の愛知県(同8428店。約748万人)、3位の東京都(同6999店。約1370万人/人口はいずれも店舗数の調査時点)に比べて、コーヒー熱が低い地域での取り組みだ。

 筆者は全国の街おこしの大小の実例も取材してきた。成功例で多いのは、「あるもの探し」をテコにした活動だ。有名な事例では、大分県の由布院は、「昔ながらの自然」「農村の風景」「晴れていればどこからでも見られる由布岳」を生かし、保全するまちづくりだった。

 今回の「船橋」で行うのは、「ないものおこし」と「あるものづくり」だ。イベントの熱気をうまく取り込めるのか。個々の店を「線」でつなげた今回の活動は評価しつつ、近隣都市も巻き込んだ「面」としてつながり、店同士が共存共栄できるのかを見守りたい。
(文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)