画像提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは12月11日、国内データセンター向けネットワーク機器市場の2016年の実績と予測を発表した。同調査によると、国内データセンター向けネットワーク機器市場は、2016年〜2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)で1.3%と低成長時代に突入していることが明らかになった。

製品分野別で見ても、いずれも大きな成長は見込みにくいと予測しており、最も市場規模が大きいデータセンター向けイーサネットスイッチ市場は、2016年〜2021年のCAGRが2.4%と以前の高成長と比べると成長は鈍化している。

同社では、企業ITシステムのクラウドシフトを背景に、パブリッククラウドやプライベートクラウド向けが市場をけん引するものの、クラウド以外の需要減少が成長を抑制するとみている。また、ADC(Application Delivery Controller)市場も、2016年〜2021年のCAGRが0.8%と予測。クラウドシフトの影響はADC市場にも表れ、クラウドサービスが提供するADCaaS(ADC as a Service)への需要移行がADC市場の拡大を阻害するとみている。

低成長時代に突入した国内データセンター向けネットワーク機器市場だが、同市場のリーダーであるシスコシステムズは、高いシェアを維持し続けており、また、F5ネットワークスも、ADC市場においてリーダーの地位を保っている。

データセンター向けイーサネットスイッチ市場では、近年、市場で注目を集めているベンダーが引き続き成長し、最近エクストリームネットワークスに統合されたブロケード コミュニケーションズ システムズと、アリスタネットワークスは、2016年の国内データセンター向けイーサネットスイッチ市場でシェアの拡大に成功している。

IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一氏は「クラウドシフトやSDN(Software-Define Network)化の強い流れに対して、もはや抗うのではなく、クラウドに適した製品やSDN環境下で制御しやすい製品に製品戦略の重心を移すのが得策である」と述べている。