【ビルボード】BTS (防弾少年団)『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』が45万枚売り上げて週間シングル・セールス首位 20万枚のNGT48が続く

写真拡大

 BTS (防弾少年団)の日本8枚目シングル『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』が、初動3日間で379,101枚、その後も枚数を積み重ね、初週累計453,721枚の売上となり、週間シングル・セールス・チャート首位を獲得した。NGT48の2ndシングル、荻野由佳センター曲が表題の『世界はどこまで青空なのか?』は、初動3日間で185,673枚、初週累計で202,323枚を売り上げて同2位に。

 HKT48指原莉乃がプロデュースする=LOVEの2ndシングル『僕らの制服クリスマス』は初動3日間で48,838枚、初週累計で54,234枚となり同3位に、E-girlsの新体制後2枚目のシングルとなる『北風と太陽』は初動3日間で27,204枚、初週累計で39,066枚となり同4位となった。先ヨミ時点では7位につけていたTrickstar『あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 3rdシリーズ vol.10 Trickstar』は、初週累計15,770枚を売り上げて同5位にアップしている。


◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2017年12月4日〜12月10日までの集計)
1位『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』BTS (防弾少年団) 453,721枚
2位『世界はどこまで青空なのか?』NGT48 202,323枚
3位『僕らの制服クリスマス』=LOVE 54,234枚
4位『北風と太陽』E-girls 39,066枚
5位『あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 3rdシリーズ vol.10 Trickstar』Trickstar 15,770枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。