ダービーに勝利し歓喜するマンチェスター・シティの選手たち

写真拡大

イングランドからショッキングなニュースが飛び込んできている。地元メディアによれば、マンチェスターダービーのあとにマンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティの選手とスタッフがロッカールームまでの通用口で衝突したということである。関与した一人にジョゼ・モウリーニョも含まれており、シティのGKエデルソンと衝突したと報じられている。

【ハイライト動画 リーガ第15節 ビジャレアルvsFCバルセロナ】

英メディア『Daily Mail』が試合終了数時間後にこの事件を報道し、それに次いで『The Telegraph』や『The Times』もこの状況を認めている。報道によれば、モウリーニョはシティのロッカールームに行き、勝利の歓喜においても相手に対する敬意の必要性を要求したということである。するとエデルソンと衝突し、ペットボトルが投げつけられ、最終的には水やミルクまで飛び交う始末になっている。

なお、選手やスタッフを含む20人以上がもみ合いになり、スタジアムにいた警察が介入し、両者を引き離して沈静化されたと『Daily Mail』は報じている。

また、スペインラジオ局『Cadena SER』によれば、シティのコーチを務めるミケル・アルテタはルカクが放ったペットボトルにより瞼を切る怪我を負ったということである。

そして、シティのメンバーは自分達の振る舞いは決して度が過ぎていたわけではなく、ただ単にジョゼ・モウリーニョの攻撃的な態度に反応しただけだと主張している。