杉山愛さんの母・杉山芙沙子さん【写真:Getty Images】

写真拡大

「誰が育てたかではなく誰をどう育てたか」…コーチを務めた芙沙子さんが語る指導者論

 15年の長きに渡りテニスの四大大会に出場し続け、62大会連続出場というギネス記録を樹立した杉山愛さん。シングルス世界ランキング8位、ダブルスでは1位と38ものタイトルを獲得した彼女は、2009年に34歳で惜しまれつつ長く充実したキャリアに幕を引いた。その愛さんを支えたのが母親であり、コーチとしてツアーに帯同した杉山芙沙子さんだ。

 現在は「ジャパンアスリートペアレンツアカデミー(JAPA)」を創設し、自らテニスアカデミーを経営。インタビュー最終回となる第3回は、ジュニアアスリート育成に携わる親・指導者にアドバイスを送り、トップアスリートが子供時代にかけられてきた共通する言葉、指導する上で求められる指導側に求められる在り方など、自身の体験談を踏まえて語った。

――ジュニアのアスリート育成においては、親とコーチの意見が異なることもあると思います。選手の親であり、同時にコーチとしても活動される杉山さんは、親とコーチそれぞれに、どのようなアドバイスを与えますか?

「私がコーチと親の両方を経験したなかで、まず自分のアカデミーにいるコーチたちに言うのは、『私たちは選手を1日に2〜3時間しか見られず、しかもたくさんの子供たちがいる中で、一人だけを見る訳にはいかない。なので、その子だけを見ている親を上手に活用しなさい』ということです。コーチの中には『親に指導的なことを言わせたくない』という人もいますが、たとえ親はテニスの技術を知らなくても、グリップの握りが3ミリずれていることには気が付きます。それは私自身が、(杉山)愛を親として見ていた時に知っていたからです。ですからコーチたちには『それを使わない手はないよ』と言っています。

 同時にご両親には、『スキルや身体の使い方は、専門に勉強している人たちがよく知っている。それを使わない手はありませんよ』と伝えています。親の主観的な意見だけでなく、その道のプロや指導者に意見を求め取り入れたら、上手くいくはずですから。そのうえで親とコーチの両方に伝えるのは、『大切なのは、その選手を誰が育てたかではなく、誰をどう育てるかだ』ということです。自分が有名になろうなどとは考えず、子供たちがその時々で、誰の力を必要としているかを客観的に見極められる親・指導者でなくてはダメだということは言うようにしています」

トップアスリートの親・指導者に共通する言葉「あなたならできる」

――杉山さんがご覧になってきた良いアスリートは、そのように良い親や指導者に巡り会えてきたということでしょうか?

「そうですね。あと大きなターニングポイントになるのが、子供を信じきれるかどうか。『あなたならできる』という言葉は、トップに行くアスリートは全員言われてきたことだと感じました。『あなたならできる』というのは、『あなたなら金メダルを取れる』ということではありません。あなたなら、持っている力・ポテンシャルを全部出しきれるということを信じて、応援しているんだと思います。選手も『この人、この試合に勝つ』というよりも、自分がこれまでにやってきたこと、持てる力を全部出しきった時に『やりきった』と感じられるのだと思います。そこが、多くの成功したアスリートに共通しているところだと思います」

――子供の頃は多くの選手がトップアスリートを目指しますが、様々な理由により、それが叶わない人たちも出てきます。その時には、どのような考え方や姿勢が求められるのでしょうか?

「そこは常に自分を客観的に見て、目標を修正することだと思います。それは良い結果が出ている時も同様で、次々に新しい目標を設定する力は求められます。例えば、最初は世界を目指していたアスリートもそれが困難な現実が見えてきたら、現状を受け入れることが必要ですよね。その時に大切なのが、自分がスポーツをやっている価値を、どうとらえているか。金メダルを取ることだけが価値である人は、難しくなってくると思います。

 私が子供の頃から見ていた選手に、今アメリカの大学テニス(NCAA)で活躍している足立真美という子がいます。彼女は17〜18歳になった時に、『まだプロでやっていけるかどうか分からない』と言っていました。そこで彼女に何をやりたいか聞いたら、『会計士の勉強をしたい。テニスは凄く楽しいけれど、他のことにも興味がある』ということでした。アメリカの大学も考えているというのでTOEFLを受けさせたのですが、全然点数が足りない(苦笑)。でもそこからの半年ほどで、彼女は猛勉強をしました。あそこまでやれる子はそうそういないだろうというほどに努力し、きちんと点数も足りてアメリカの大学に入学したんです。その時も私は『こうしなさい』とは言わず、彼女のやりたいことを聞いてガイダンスしました」

いずれ迎える引退、セカンドキャリアでバーンアウトから逃れる方法

――先程の質問とも関連してきますが、どんなに成功したアスリートも、いずれは引退の時を迎えます。引退後の道を歩む時、何を持っていれば充実したセカンドキャリアを送ることができ、バーンアウトから逃れられると思いますか?

「そこはまた最初の話に戻って、やはり理念だと思います。スポーツを通じて何をやりたいのか? どういう人間になりたいのかという哲学があれば、例え具体的な目標が変わっても、本質的に目指すところは変わらないはず。何をやるにしても、人生の軸がぶれることはないと思います。ですから自分の人生の哲学を持つことは、本当に大切だと思います。『私は人の役に立ちたい』とか『新しいことに挑戦する』などの理念を持っていれば、それに反したことは選択肢から外れていくので迷いにくいですよね。

 自分のテーマを言葉にしておくのも良いでしょう。例えば杉山家の家訓は『愛情、思いやり、挑戦』。そのようなキーワードがあると、常に進む道を選びやすいと思います」

(終わり)