国民権益委員会で行われた全体会議=11日、世宗(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国で公務員や報道関係者、私立学校教員らへの食事接待などの上限を厳しく定めた「不正請託および金品など授受の禁止に関する法律」を巡り、贈り物の上限を農畜水産品に限って現行の5万ウォン(約5200円)から10万ウォンに引き上げる改正案が11日の国民権益委員会の全員委員会で可決した。

 また、慶弔費の上限は10万ウォンから5万ウォンに引き下げる一方、花輪は10万ウォンまで可能とした。食事接待費は現行通り、1人当たり3万ウォンまでとした。

 同法は発案した国民権益委員会の元委員長の名前を取って「金英蘭(キム・ヨンラン)法」とも呼ばれる。昨年9月から施行された。公務員らの汚職根絶が狙いだが、飲食店業界や農畜水産業界からは経済的な損失が大きいとして、見直しを求める声が上がっていた。

 国民権益委は先月末、改正案を審議したが賛成が過半数に届かず、否決していた。

 改正案は次官会議などを経て、閣議決定されれば施行される。