画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「SOPHOS Partner Summit 2017」基調講演

○英Sophos CEO、Kris Hagerman氏による基調講演「THIS IS NEXT-GEN」で語られた内容とは

幅広い領域でのセキュリティ製品を世に輩出しているSophos(ソフォス)は、12月7日都内某所にて「SOPHOS Partner Summit 2017」を開催した。

このSOPHOS Partner Summit 2017は、ソフォスのパートナー企業を対象としたフォーラムとなっており、英Sophos本社CEOのKris Hagerman氏およびソフォス代表取締役の中西智行氏による基調講演、テクニカルセッション・ビジネスセッションに分かれ、セキュリティソリューションの最新トレンドやランサムウェアに対する脅威にどう立ち向かうか等に関するプレゼンテーションやパートナー企業とのパネルディスカッションが行われるものだ。

「THIS IS NEXT-GEN」と題された基調講演でトップバッターとして登壇したのは英国Sophos本社のCEO、Kris Hagerman氏。「天文学を心から愛している」というKris氏。天文学者エドウィン・ハッブルがもたらした技術革新によって宇宙の深淵を伺い知ることが可能になったことになぞらえ、サイバーセキュリティはどこまで進化するのかを紐解いて見せた。

90年代はシグネチャベースで個別にマルウェアを防止、2000年代には動的解析や挙動解析、ヒューリスティックといった新機軸な概念を用いたプロテクションで悪意あるモノたちからの脅威に対抗してきた。そして未来、機械学習やディープラーニング等のAIを用いることで、より一層の進化を遂げていくだろうと述べた。

そして、直近のソフォスの歩みを語るKris氏。「革新的でシンプルかつ効果的なサイバーセキュリティソリューションを、IT管理者とチャネルパートナーに提供する、世界最高のセキュリティベンダーになること」という同社が掲げているミッションを推し進めるべく活動しており、ネットワーク製品においてもエンドユーザー向け製品においても大きな成長率を達成。ソフォスの製品群を集中管理する統合管理コンソール「Sophos Central」の利用者数や売上からもその勢いを伺い知ることができる。また、ガートナーマジッククアドラント(2017年)等による第三者機関評価においても、エンドポイント・UTM製品いずれにおいても高い評価を得ていると語った。

そして話題は、エンドポイント向けソリューションへと移る。画期的な次世代エンドポイント向けソリューションとして同社が注力している「Intercept X」は、現在約25000社が導入しており既知の脅威に対して鉄壁の保護性能を発揮していると述べるKris氏。本年2月に報告された米国Invincea社の買収により、「Intercept X」がより一層の進化を遂げていることを明かした。

日本におけるサイバーセキュリティの脅威においては、高度なマルウェア、次いでランサムウェア、エクスプロイトがその大半を占めているという。高度なマルウェアにおいては、銀行業界への攻撃に特化しているという特徴があり、ワーム・トロイの木馬・ファイルレスクリック詐欺等の攻撃手法が用いられているという。

ランサムウェアに至っては、日々新たな亜種が発見されているという。そうした、悪意あるモノたちの攻撃手法の進化によって未知なる脅威から数多くのユーザーを守るために予測型のセキュリティを充実させていく必要があると述べた。予測を行い未知の脅威に対抗する。そこで白羽の矢が立てられたのがAIだ。

AIは現在において様々な分野で身近なものへとなってきているが、こと「Intercept X」においてはディープラーニングの技術によって高いセキュリティ性能を実現しているという。「深層学習が導入されたIntercept Xは、これまでに見たことの無い脅威さえ検知することができ、より良いパフォーマンスを実現している」と自信を覗かせるKris氏の姿が印象的だった。先日11月2日にアーリーアクセスプログラムというカタチで先行リリースされているので、その実力・効果の程を試したい方は同社Webサイトをチェックしてみて欲しい。

またKris氏は、ディープラーニングが導入されたことにより、人間の知性と機械が機能し合い相乗効果を上げていると述べたほか、ソフォス・ラボのリサーチャーが長年培ってきた大量の脅威に対するインテリジェンスと、データサイエンスを高次元で組み合わせ非常に良い循環がIntercept Xの性能の高さの源泉となっていることを明かした。

そして話題は、先日リリースされたフラッグシップUTM、次世代ファイヤーウォールXG Firewallへと移る。「間違いなくもっとも高品質で安定性・信頼性の高いファイヤーウォール」とXG Firewallへの信頼の高さを語るKris氏。XG Firewallのユニークさにおいて強調していたのが、エンドポイントソリューションとの親和性の高さだ。そして、既存のハードウェア構成環境を大幅に変更することなく導入することも可能な柔軟性の高さは特筆に値する。また、Synchronized App Controlによって、従来のスタティックなシグネチャベースではなく、あらゆる未知のアプリケーションを自動的に識別、分類しコントロールすることが容易に行うことが可能となった。

●Central Theaterが12月11日にオープン

Central Theaterが12月11日にオープン

author=渡部仁

○ソフォス製品のすべてがわかるCentral Theaterが12月11日にオープン

次いで登壇したソフォス代表取締役の中西智行氏は、日本におけるソフォスのビジネスの状況について語った。「2000年に日本での活動を開始したソフォスは堅調に成長を続けてきたが、特にここ数年非常に伸びている領域が3つある」と述べた中西氏。それはUTM領域のビジネス、エンドポイントクライアント領域のビジネス、そしてソフォスの製品群を集中管理する統合管理コンソールのSophos Centralが高い成長率を示しているという。

そして、ソフォスのセキュリティで特徴的な「Sophos Security Heartbeat」により、エンドポイント、ファイヤーウォール間でのセキュリティ情報の共有と自動連係を可能にしていることを強調していた。中西氏は「例えばクライアントマシンがマルウェアに感染した場合に、ファイヤーウォール側でそれを検知しネットワークからそのマシンを遮断します。クライアントマシンがマルウェアの駆除が完了したら、今度はファイヤーウォールが再度ネットワークに復旧させる。この一連の流れを自動で行えるのがSynchronized Security」と述べ、IT管理者が存在しない中小企業にとって非常に心強い、魅力に感じてもらえるポイントではないかと語った。また、Synchronized Securityを構成する上で核となる次世代ファイヤーウォールXG Firewall、Intercept Xを今後日本でも強力に推進していくと述べた。

そして、新たに刷新を計画しているパートナープログラムについて説明がなされた。まずひとつ目が、現在シルバー・ゴールド・プラチナと用意されているパートナーレベルに応じて価格提供の提案を行うというもの。そしてふたつ目は、案件登録プログラムだ。これは、案件を実際に動かしているパートナーがより優位にビジネスを進められるようサポートを行うというもの。そして、パートナーポータルを活用した情報の提供や、営業・マーケティング・技術サポートを行っていくという。

そして、パートナーが利活用するデモンストレーション施設「Central Theater」を12月11日にオープンさせるという。「ソフォス製品に興味を持って下さったエンドユーザー様をお招きして実際に製品を体感していただくための施設」とのことで、Synchronized Securityへの理解が深められるプレゼンテーションやデモンストレーションをはじめ、様々なコンテンツが用意されているという。施設自体は、基本的に1コマ2時間を想定しており、午前中1コマ、午後2コマでの運用を考えているという。

また、Managed Service Provider(MSP)というパートナー企業にとってメリットのある施策についても紹介が行われた。このMSP、カンタンに言うとSophos Centralを販売した際に月額課金が行えるというもの。また、パートナー企業向けのボリュームディスカウント等も用意されており、ソフォスが理念に掲げている“ビジネスはパートナー企業の皆さまとの協業在りき”な姿勢が見て取れた。

今回の基調講演「THIS IS NEXT-GEN」でKris氏、中西氏から語られた内容からはひしひしと意気込み、自信が感じられた。だが、それに奢ること無くより良い製品を生み出すべく成長を続け、パートナー第一主義を貫き通すその姿勢に好感を覚えた。