12月23日(土)放送の「タイムボカン 逆襲の三悪人」に福澤朗が本人役でゲスト出演!/(C)YTV

写真拡大

毎週土曜、日本テレビ系にて放送中のアニメ「タイムボカン 逆襲の三悪人」。12月23日(土)の放送では、フリーアナウンサーの福澤朗が本人役としてゲスト出演することが明らかになった。

【写真を見る】「自由の女神ウルトラクイズ大会」では、自由の女神に関する豆知識が続々登場!/(C)YTV

40年以上続く国民的アニメ「タイムボカン」シリーズの最新作である本作。24世紀の教科書出版会社「ヒストリーパラダイス社」で働くビマージョ(CV:喜多村英梨)、ツブヤッキー(CV:平田広明)、スズッキー(CV:三宅健太)の3人組が、歴史上の偉人たちが持つ神秘のお宝“ダイナモンド”を集めるべく奮闘する姿を描き、人気を集めている。

福澤が登場するのは、12月23日(土)放送の第12話「福澤アナまた見参! 自由の女神ウルトラクイズ!」。突然現れた“福澤さん”(CV:福澤朗)と共に1886年のアメリカ・ニューヨークへやって来た三悪が、“ダイナモンド”を懸けてJKK(時空管理局)のトキオ(CV:若山晃久)、カレン(CV:鬼頭明里)とクイズで対決するというストーリーだ。

福澤は前作「タイムボカン24」でも本人役を演じており、約1年ぶりのゲスト出演。今回は、かつて福澤が司会を務めた人気番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」(1977〜1998年、日本テレビ系)をモチーフとした「自由の女神ウルトラクイズ大会」の司会者として登場する。

スタジオで主要キャストと再会した福澤は、彼らと軽く談笑した後収録へ。画に合わせてせりふを言っていくため、時間の調整に若干苦労した様子の福澤だったが、「ジャストミート!」「ファイヤー!」など、おなじみの名フレーズを織り交ぜ、本家をほうふつとさせる名司会ぶりを発揮した。

■ 喉のケアには「濃いめのカルピス」が必須?

収録を終えた福澤は「普通の番組にナレーションをつける、ナレーションブースとは緊張感が違いますよね。それは昨年強く思いました。聞きなじみのある一流の声優の皆さんが黙って座っていて、出番になるとそ〜っとマイクの前に立って、一言喋ったらまた座っていく…。

昨年は震えるほど緊張したんですけど、ことしは皆さんのお人柄もあって、非常に楽しくやらせていただきました。むしろ、皆さんのアドリブの作り方に感心したり感動したり、いい意味での現場の緊張感を楽しむことができたなという気がします」とアフレコの感想を。

続けて「昨年は映像が絵コンテに近い白黒画面だったんですけど、今回は作画担当の方が頑張ってくださって、僕がオンで喋っている映像はほとんどできていました。そういった意味では、せりふの量は昨年に比べると圧倒的に多かったんですけど、非常にやりやすかったです」と、集中できる環境を作ってくれたスタッフに感謝した。

過去にもアニメ映画でアフレコの経験があった福澤だが、その時はアフレコを先に行い、後から声に合わせてアニメを描くという手法だったとのこと。アニメの映像に合わせてせりふを言うのは、昨年の「タイムボカン24」のアフレコが初めて。今回は、昨年の経験を踏まえてしっかり準備をしてきたという。

福澤は「昨年は本当に右も左も分からないい状態でやっていました。出来上がっている画にせりふを合わせる難しさを感じていたのですが、『自分が声を出す部分の尺を書いておくといい』と皆さんに教えていただいて。

ことしは、自分が突然喋り出すところは事前に『何分何秒』って尺を台本に書いておいて、それを一つの目安にするようにさせていただきました」と、工夫して収録に挑んだことを明かした。

そして、喉の状態も万全にしてアフレコに臨んだ福澤。この日は濃いめのカルピスを用意して収録に臨んだようで、「張る音を長い時間出すような仕事の時は、必ず濃いめのカルピスか『ザ・プレミアムカルピス』を飲みながらやっていますね。

いずれもなかった時は、ネクター系のとろみのあるドリンク。喉を常に潤して、傷ませないようにするためには、やっぱりこういう濃いトロトロ系のドリンクですね。

あと、(声を)張るナレーションの時は3時間くらい前に起きて、発声練習とは言わないですけど、アイドリングをしてから家を出るようにしてます。喉を出す作業は僕の中ではスポーツと一緒。いきなり試合はできないので、ちょっと喉を温めてアイドリングをしてから現場に来ていますね」と、喉のケアに対するこだわりを語った。

■ 新シリーズは「見ていて勉強になる」

若い頃、プロレスの実況で数々の名ぜりふを生み出した福澤。今回は久々に福澤のプロレスの名実況が楽しめるシーンも用意されている。

アフレコしていて楽しかったシーンの話題になると、福澤は「『ジャストミート!』と叫んでいるところと、プロレスシーンでカウントを入れているところですかね。

『ワン、ツー』って英語で言っているのに、『2.5(ニイテンゴ)』って急に日本語になる辺りが、プロレス界の心の広いところですよね(笑)。本当だったら“ツーポイントファイブ”って言わないといけないのに…」と“プロレス実況あるある”をイジってネタに。

自分の分身となるキャラクターとは1年ぶりの再会となったが、福澤は「うれしいですよね。もう少し若々しく、格好よく描いてくれるともっとうれしいんですけどね(笑)」と、冗談交じりに自身のキャラクターについての印象を語った。

福澤にとって、タイムボカンシリーズは子供の頃に見ていた思い出の作品。「僕ら世代にはたまらないシリーズですからね。昨年は僕らが子供の頃に見たようなギャグロボットアニメだったんですけど、今回の『逆襲の三悪人』は明らかに作品の方向性が変わっていて、わりかし勉強になる。

もちろんギャグもあるんですけど、それを上回る量の知識が詰まっている。見ていて勉強になって、ついメモを取りたくなるようなアニメになってきた感じがして、多くの子供たちが『自由の女神を見てみたい』と思ってくれるんじゃないかなって思いましたね」と、ギャグ要素に知識も加わり、進化した新シリーズの魅力をアピールした。

今回はサブタイトル通り、アメリカ・ニューヨークにある自由の女神がテーマ。自由の女神に関するさまざまな豆知識がクイズとして出題される。福澤は、20年以上前に「アメリカ横断ウルトラクイズ」の司会者として決勝の舞台・ニューヨークを訪れている。

「当時のニューヨークはまだまだ夢の国でしたよね。見るものすべてが新鮮でした。今は昔に比べて随分とNYのイメージが変わったなと思います。この20年ちょっとで隔世の感がありますね。

ただ、やっぱり自由の女神はアメリカという国ができて、建国の機運が一番高い、夢に溢れていた時期を思い起こさせてくれますよね。最初に『ウルトラクイズ』で自由の女神を見た時は、『ようやく長旅が終わるんだ』ってちょっと感動しました」と当時を振り返った。

■ 見どころは「クイズシーンの緊張感」

最後に福澤は、「クイズファンもプロレスファンも楽しんでいただけるシーンがありますね。クイズ大会は大接戦になっていて、後半には司会者としてあるまじき軽いえこひいきが出てきます(笑)。

アメリカに行ったことがない子供たちにも見てほしいと思いますね。アメリカというのは自由の国、夢の国というのを一番表しているのは自由の女神なので…」と見どころをアピール。

クイズのラスト問題が出題される際の緊張感があるシーンは、福澤も「画を作ってくださってる方がちゃんとクイズに行く前に情景を1カット入れるじゃないですか、あの辺が本物のウルトラクイズっぽいですよね」と太鼓判。

「『問題』と言う前に少し間があるんですけど、間を取ると話し手と聞き手に適度な緊張感が生まれる。これは“間”の効用なんですけど、この“間”をちゃんと理解されている方がこの回を作ってくださっているんだなと思いましたね」と語った。

そして、今回はクイズ大会後に衝撃の事実が明らかになるという展開。福澤は「『タイムボカン』的に言うと、最後にとんでもない事実が明らかになる(笑)。皆さんは『この事実何なんだ!?』とビックリしながら年を越していただくことになるでしょうね(笑)」と、見逃せない展開をにおわせた。(ザテレビジョン)