現在各国で開発が進められている、都市部を気軽に移動できる小型のコミューター。プジョーやシトロエン、オペルなどの欧州自動車メーカーを束ねるフランスの多国籍企業「グループPSA」は、屋根付きバイクのようなPHV(プラグインハイブリッド)コミューターのコンセプトを公開している。

【詳細】他の写真はこちら



想定している乗車人員は1名。車両サイズは全長2.4×車幅0.85mと小型で場所を取らない設計ながら、ドライバーをすっぽりと覆う3輪スクーターのような安心感ある構造を採用し、シートベルトやエアーバッグなどの安全装備も搭載される。



駆動系としてガソリンエンジンと後輪ホイール内の2つのモーター、サムスンSDI製のバッテリーを搭載。最高速度は時速130kmにも達し、満充電状態におけるハイブリッド走行時の巡航距離は300kmと、このクラスとしてはかなり高性能なことがわかる。エンジンを使わず電動モーターだけで走行する「ゼロ・エミッションモード」でも、最高時速70kmで走行できるとのことだ。



関連サイト



EU-LIVE concept

text塚本直樹