最先端の技術を投入した燃費に優れる軽量タイヤ

 横浜ゴムは、東京モーターショー2017で発表した、先進技術を投入したライトウエイト低燃費タイヤ「BluEarth-air EF21(ブルーアース エア)」を12月5日より、数量限定で発売している。発売サイズは205/55R16 91Vで、ヨコハマタイヤウェブサイトを通じて100本限定、2万8700円(税抜き)での発売となる。

 BluEarth-air EF21は軽量化を実現するため、高剛性ビードフィラーと軽量ビードコアを採用。これによりクルマ全体の軽量化につながり、燃費向上にも貢献する。ちなみにADVAN dB V551と比較して25%以上軽量化を実現。さらに、使用する材料の少資源化で環境にも優しいタイヤとなっている。

 コンパウンドは新たに開発した専用品で、シリカの大きさを数十ナノメートルまで極小化した。さらに、最先端のゴム混合技術「A.R.T. Mixing」を採用し、従来の混合技術と比較してシリカの分散性が11%向上。路面との接地面積が拡大し、ウエット時の制動距離も大幅に短縮させているのも特徴だ。

 国内タイヤラベリング制度では、転がり抵抗性能「AAA」、ウエットグリップ性能「a」をという最高グレードを獲得。まさに次世代の低燃費性能とウエット性能を体感することが可能だ。

 BluEarth-air EF21は100本限定での発売となるが、採用されている技術は今後の量販商品へ採用されていくとのこと。数量限定のため、次世代の技術を体感したい人は早めに購入したほうがよいだろう。

 購入はコチラから

 ヨコハマタイヤウェブサイト