中川翔子

写真拡大

11日放送の「ごごナマ」(NHK総合)で、タレントの中川翔子が、自分の本名を明かして共演者らを驚かせていた。

番組では、中川をゲストに招きトークを展開。ゲストの素顔に迫る質問コーナー「船越のクエスチョン3」で、「本名も『中川翔子』だ?」という質問に対し、中川は「No」の札を挙げた。これには、司会の船越英一郎らも「意外」と驚いた。

中川いわく、親は「薔子」と書いて「しょうこ」と名付けたかったそうだ。だが、母親が市役所に届け出ると「(薔は)人名では使えない」と受理されず、職員と押し問答になったとか。

結果、母親が立腹しながら「しょうこ」と平仮名で殴り書きして提出したら、「よ」が大文字で登録されていたそうだ。

中川がこの事実を知ったのは、21〜22歳の頃に戸籍謄本を持参してパスポートを更新しに行ったとき。職員から「中川しようこ様」と呼ばれ、「『しょうこ』ですよ!」と中川が主張すると、職員に「あなた『しようこ』ですよ」と言われたという。

また、最近になって「薔」が人名に使えるようになったことを知り、32歳記念で改名をしようと画数を調べたところ、「中川薔子」の運勢は最悪だったとか。芸名の運勢は「いいんだけど、ちょっとダメ」で、「中川しようこ」の運勢は「最強」だったという。

結局、中川は「(「しようこ」で)結果オーライ」だったと語り、改名することはやめたそうだ。

【関連記事】
中川翔子 「ドラクエ」につまった亡き父との思い出
中川翔子 大物俳優に求婚呼びかける事態…YOUからガチ恋愛アドバイス受け
中川翔子の先祖の意外な功績…高祖父がクラーク博士の弟子だった