人前でしてしまうと恥ずかしいおなら、我慢した経験はありませんか?確かに人前でおならをするのはエチケット違反ともとられる行為ですが、おならをあまりに我慢すると身体にたくさんの悪影響を及ぼすことになります。おならを我慢すると具体的にどんなことが起こるのかを見ていきましょう。

ガスが腸内に溜まってしまう

おならは腸内から排出されたガスのことです。このガスを排出するためのおならを我慢してしまうと、腸内にどんどんガスが溜まってしまいます。腸内にガスが溜まると「腸性鼓脹」という症状を起こしてしまい、腸をはじめとして胃や肝臓などの内臓器官に負担をかけてしまうのです。例えば肝機能障害を起こすリスクもあって、肝機能障害になると糖尿病や高血圧症といった生活習慣病を招くリスクが上がります。また、腸内にガスが溜まると腹痛や下痢を起こすこともあるため要注意です。

口臭や体臭が酷くなることも

おならをすると嫌なニオイが出ますよね?おならとして出てくるガスのなかには、独自の臭いを発する物質が含まれています。もしもおならを我慢すると、ガスが腸内に溜まってやがて血液中に吸収されることに…。そうなると、血液に乗って悪臭が身体中を行き渡り、最終的に口臭や体臭といった場所からおならのようなニオイを放ってしまうのです。また、おならを我慢したからと言って次に出てくるおならが臭くないわけではありません。むしろ我慢された臭いおならは、次に出てくるときにもう一度嫌なニオイを発します。おならのニオイが気になるからと言って我慢をしても、ニオイの根本的な解決にはならないのです。

便秘になりやすくなる

おならを我慢すると、腸内に悪玉菌が増殖してしまいます。こうなると腸内環境はどんどん悪化してしまい、便秘を起こすリスクが高まるのです。また、おならを我慢するクセがついてしまうと、便意を感じたときにトイレに行っても上手く排泄できない、という状況に陥ることもあります。便秘になれば腸内でガスが溜まって、またおならをしたくなる…。悪循環ですね。おならをしたくなったら、我慢せずに人のいないところにササッと行って済ませてしまいましょう。


writer:さじや