ウエアラブル音声翻訳機「ili」(イリー)

写真拡大

発表されるや、「ドラえもんのひみつ道具『翻訳コンニャク』のようだ」と話題になったスティック型の音声翻訳機「イリー」。12月6日には、元SMAPの草なぎ剛さんがイメージキャラクターを務めることも発表された。イリーは見た目は細長い白い棒だが、ネットに接続することなく、話しかけた言葉を最速0.2秒で英語や中国語、韓国語に訳すことができる。スマホ用アプリではなく、翻訳機として発売した理由とは――。

海外旅行で、現地の人と言葉が通じずに困ったことはないだろうか。また、2020年開催予定の東京オリンピックを控え、都内では外国人観光客の姿が目立つ。中でも中国語圏からの観光客は目立って増えており、接客業などでは「ちょっとしたやりとりにも苦労するので、簡単な中国語を覚えたい」といった話もよく聞くようになってきた。

そんな旅行者とのコミュニケーションの悩みをサポートしてくれる製品として期待されているのが、スティック型の音声翻訳機「ili」(以下、イリー)である。ドラえもんのひみつ道具「翻訳コンニャク」を現実化したような、こんな“夢の製品”がどのような経緯で開発されたのか。開発元であるログバーのマーケティング担当・中野敦史氏に聞いた。

----------

▼イリーの気になるポイント
・ボタンを押しながら日本語で話しかけると、そのまま英語(中国語、韓国語)に翻訳してくれるスティック型翻訳機。
・翻訳スピードが速い(最速0.2秒)
・インターネット接続が不要(スマホ用アプリと違い、ネット環境がなくても使える)
・操作が簡単(ボタンを押しながら話すだけ)

----------

■旅行に特化したスティック型の一方向翻訳機

イリーは2017年6月1日にサービスインした、旅行会話に特化した翻訳機である。2018年3月には一般販売が始まる予定だ。「ili」という名前は、人に見立てた「i」が、イリーを介してつながっている様子をイメージして付けられた。白いスティックの中央にあるボタンを押しながら日本語で話しかけると、一瞬で英語や中国語、韓国語に翻訳してくれる。

インターネットへの接続が不要で、旅行会話だけに特化していること、独自に開発したエンジンにより最速0.2秒と瞬時に翻訳できるのが大きな特徴だ。現在、日本語・英語・中国語・韓国語に対応し、2018年にはタイ語にも着手予定。バッテリーはUSB充電で、駆動時間はレンタルモデルが約1日(約8時間)、個人販売する新型モデルが約3日。新旧いずれのモデルも、フル充電しておけば、ほぼ1日持ち歩いて観光に使える。

現在、個人でイリーを使いたい場合は、現行の2017年モデルをレンタルするか、新型の2018年モデルを購入するかを選べる。レンタルは、日本人が海外で使う場合はビジョンの「グローバルWiFi」 https://townwifi.com/ili/ 、訪日観光客が国内で使う場合はインバウンド観光ビル「歌舞伎城」https://www.vision-net.co.jp/news/20170628001439.html でイリーを借りることができ、一日数百円で利用可能。新型の2018年モデルはログバーの公式サイト https://iamili.com/ja/ で購入申込ができる。

■ 日本語を話せないフランス人が「Amazing!」を繰り返した

2017年1月に発表会が開催された時、記事を読んだ筆者は「スマートフォンが普及し、双方向でやりとりできる翻訳アプリがいくつも登場してきているのに、一方向しか訳せない翻訳機を出して、果たして意味があるのだろうか?」と疑問に思ったのを覚えている。

しかし今回この記事を書くに当たり、実際に使わなくては分からないと思い、日英・英日のイリーを1本ずつ借りて、外国人と会話してみることにした。テストに付き合ってくれたのは、日本語はほとんどわからないが、英語は話せるという日本在住のフランス人だ。

彼の顔を見ながらイリーに向かって「パスポートを無くしました」と言うと、その瞬間日本語がわからない彼はキョトンとしている。しかしすぐに「I lost my passport.」とイリーから英語が聞こえた瞬間、「Really!?」と驚いて崩れ落ちた。その後、彼はイリーに二言三言英語で話しかけ、そのたびに「Amazing!」と繰り返した。私たちが外国に行って現地の言葉が分からず困っているように、日本語をまったく理解できない訪日外国人たちも悩んでいるのだ。それゆえに、相手の言っていることが分かるというだけでも、イリーは相当大きなインパクトがあったようだ。

彼に英日バージョンを渡して、簡単に使い方を教えてみたところ、翻訳されるという興奮のあまり話が止まらない。「話は短く!」と何度言っても、立て続けに話しかけるので、まともに翻訳されたのは冒頭だけという状態になってしまった。

これはイリーの苦手とする部分で、長くて複雑な文章になると、きちんと訳せない(後述)。それでも「自分もそうだけど、日本に来る外国人のほとんどは日本語がまったく話せない。そういう人に、ものすごくいいよ! 日本に来る外国人は、これを使ったほうがいい」と絶賛していた。

私は普段、外国人と英語のやりとりに困ると、スマートフォンの翻訳アプリを使うことが多い。便利なのだが、入力する間「Please wait!」といって、会話を中断しなくてはならず、このあいだどうしても無言の時間になってしまう。相手を待たせることになるのがもどかしかった。

しかし、イリーは早かった。ボタンを押しながら日本語を話し、ボタンから指を離せば即座に翻訳される。すぐ使えてとても簡単だ。しかも、「ヘンな棒が翻訳した」という強烈なインパクトが伴うため、その場が一気に和むというおまけ付きである。

彼の反応を見て、正直、イリーを侮っていたことを実感した。中学から大学までこれまで英語の時間は数百時間あったはずなのに、筆者はいまだに英語の日常会話に困ってしまう。しかし、イリーは旅行限定ではあるものの、いきなり日常会話レベルに到達できるデバイスだったのだ。

■イリーはどんな経緯で開発されたのか?

イリーは、ログバーの社長である吉田卓郎氏が、若き日に米国に留学した経験をもとに開発されている。現在は打ち合わせも英語でこなせるという吉田氏だが、かつては言いたいことがまったく伝わらなかったそうだ。

電子辞書を3台も持っていっても、会話の現場では使えなかった。しかし、徐々に英語を習得する中で、「(いま振り返ると、英語が)少ししゃべれる、まぁまぁしゃべれるという時期が一番楽しかった」と述べている。話せることが当たり前ではなく、わかり始めたがゆえの感動があるからだろう。

英語は話せるようになった吉田氏だが、中国語はまったく分からないそうだ。「僕はもう長時間勉強したくない。一気に旅行レベルになれるものが欲しい! でもインターネット接続不要がいい。シンプルがいい。パッととりだしてパッと使えるものがいい。この3つの特徴があれば僕が欲しいものだ」と動画の中で語っている。こうしてイリーが誕生したのだ。

2017年1月のイリー発表会の反響は、世界中に広まった。本格的にサービスインした6月1日までの間に、さまざまな言語で、数千件にのぼる問い合わせが殺到したという。

■不器用な会話も、旅の思い出になる

イリーは、SFの世界のように話したことをなんでも正しく翻訳してくれる夢の翻訳機、というわけではない。ジャンルは旅行会話に限定されているし、できるだけワンフレーズで、短い文章ほど翻訳精度が高まるように設計されているため、複雑な会話には使えない。筆者の知人のフランス人がそうだったように、長文を話せば誤訳しやすくなる。例えば「おなかが痛いので薬をください」というよりは、「おなかが痛いです」「薬をください」と分けたほうが正しく翻訳されやすい。

翻訳も双方向ではなく、日本で販売しているモデルは日本語から英語(中国語、韓国語)と一方向だ。それは操作の説明やミスを極力減らし、スピーディーにコミュニケーションを行うために、あえて選択されている仕様である。しかし「イリー効果」を感じた利用者は、この設計の“クセ”を理解し、使いこなしているという。それは伝わること、意思疎通ができたことの喜びを感じた人たちであろう。

それだけに、中には批判的な声もある。

「『翻訳精度がちょっとよくないね』という声もいただいています。でもそれは、ご自身がその言語を話せる方の場合が多いですね。自分が普段カジュアルに使っているフレーズと、イリーからでてきた翻訳が違うために、翻訳精度が悪いと思われるケースがあるようです。また、このような製品を出すと、『精度を比較していいですか』とよく聞かれます。それは構わないのですが、翻訳の結果を比較するよりも、利用シーンをちゃんと出してくれるとうれしいですと、よくお話しています」(中野氏)

イリーの利用シーンとは、言葉が通じない人どうしでなんとかコミュニケーションを取る、ということを指す。もちろん精度が高いに越したことはないが、試験ではなくコミュニケーションなのだから、人と人の意思疎通の手助けになることが大事なのだ、と中野氏は言い、こんなエピソードを話してくれた。

「私は中国語がまったくわからないのですが、昨年イリーを持って友達と中国に行ったときのことです。お店で料理を頼んでいたら、店員が何かしきりに言っている。そこで、中国語から日本語に翻訳できる開発中のイリーを渡して使ってもらったところ、『多いです』と言っていることがわかりました。1皿の量がとても多いのに、知らなかったわれわれは2人で20人前くらい頼んでいたようでした。『多い』と言われていると分かった以降は、相手の言わんとしていることがなんとなく感じられるようになりましたね。

その後、台湾にも行きました。食べ放題のお店なのにそうとは分からず、店員も中国語しか話せません。(もともと定額で食べ放題の店だったので)メニューには値段が書いてなかった。値段も分からないし、何を注文したらいいのかわからず戸惑っていたんです。考えた末に、店員の男の子にイリーでいろいろ質問しました。『食べ放題?』ってひとこと聞いたら『それだよ!』って。そこからはもう一気に言語の壁を越えた展開になりました。向こうも通じたのがうれしかったのか、後ろを通りかかる度にビールを見せて、飲む? 飲む? と勧めてくれて(笑)。

さらに、たまたま隣のテーブルに日本語を話せないけど書けるという方がいて、われわれのやりとりを見ていて「それ何?」って会話に加わってきました。日本語のメモ書きで注文をサポートしてくれて、本当に楽しかったですね。最後はみんなで記念撮影をしました。おいしいものを食べたという記憶よりも、彼らとコミュニケーションできて楽しかった、という思い出のほうがはるかに勝っています」(中野氏)

もしイリーが完璧に翻訳をこなして、お互いの言語の違いをまったく意識しなくて済むなら、それはとても便利だ。しかしそれでは、海外に行った感覚すらなく、日本で食事をするのとあまり変わらなかったかもしれない。トラベル(travel)の語源は、古フランス語の「苦労」を意味する“travail”だという説がある。不器用な会話ほど、旅の思い出になりそうである。

■イリーをスマホ用アプリにしない理由

そうはいっても、首から提げるものが増えるのはイヤ、旅行時にはできるだけ持ち歩くデバイスは減らしたい、というニーズがあるのも事実だ。当然「スマートフォン用アプリは作れないのか」という問い合わせもあるという。しかし、アプリではなく、単体のデバイスであるということが、イリーの大きな差別化ポイントだと中野氏は語る。

「アプリ化してインストールできないんですか、というお問い合わせはものすごく多いですね。すでにある翻訳アプリを見ると分かると思いますが、使いたいと思ったとき、まず画面ロックを解除して、翻訳アプリのある画面を開き、アイコンをタップして起動するという操作が必要です。誤タップや、アイコンを探して画面をいったり来たりという人もいるでしょう。さらにそこから話したいことを入力する。不慣れだったり、焦っていたりするときほど、どうしていいか分からなくなり、時間がかかるかもしれません。

仮にスムーズに入力できたとしても、ネット環境が不安定だと、応答がなく待たされるということがあります。また、話しかけながら地図を見せたいときなどは、画面をいちいち切り替えて使わなくてはなりません。出てきた翻訳も、旅行に特化していなかったら正しいかどうかわかりません。ネット環境が不要で、スタンドアロンで翻訳できるイリーなら、そういう機会損失はありません」(中野氏)

例えば「それは高いですね」と日本語で言う場合、価格のexpensiveなのか、高さのtallなのか、シーンが分からなければ判断は難しい。イリーは旅行会話に特化しているので、そういう場合は価格のexpensiveが優先されるという。もちろんtallが使われないわけではない。まったく知らない言語では翻訳結果の正しさもわからない分、きっと正しく翻訳されているに違いないという安心感も大切だ。もちろん「値段が高いです」とイリーに優しいフレーズで話すのも使いこなすコツなのだが。

双方向の翻訳機能についても同様だ。過去にはボタン1つで切り替えられる双方向機能を搭載したイリーも試作されたという。中野氏がそれを持って海外に行ったところ、相手に貸したあとの操作説明に手間取ってしまった。相手も長文を話してしまうため誤訳を連発。微妙な空気が流れてしまったという。

「双方向へのニーズがあることは理解しています。しかし、実証実験を重ねて行くなかで、旅では、相手がどう言ったかというより、自分が言いたい気持ちや目的が伝えられないというのが大きなフラストレーションであるとわかりました。先ほどのひとことの例もそうですが、言いたいことが言えないのが一番のハードル。言いたいことが伝われば、あとはなんとかなる。気持ちを伝えられる旅をまずは打ち出していこうということで、片方向にしております」(中野氏)

■ 2018年には個人販売スタート

今後は翻訳精度だけでなく、対応言語数も含め、あらゆる面でイリーはブラッシュアップされていくことだろう。

「日本人って恥ずかしがり屋な方が多いので、『失敗したらどうしよう』から入るんですよ。1回失敗すると、恥ずかしがって使ってくれなくなっちゃう。でも、他の人が使っている様子を見ると、どう使ったらいいのかイメージがわきやすいですよね。なのでまずは、動画などでイリーを活用するシーンを見てもらうことで、日本人ももっと『外国の人と話したい』という欲求が高まるんじゃないかと期待しています」(中野氏)

本記事の取材後、12月6日にイリーの個人向け販売が発表された。先行販売と一般販売で価格が異なり、1万6800〜1万9800円。ログバーのWebサイトに申し込んだ人には、2018年3月以降、新型のイリーが発送される予定だ。

新型イリーは、イメージキャラクターを元SMAPの草なぎ剛さんが務めるということもあって、ネットで大きな話題になった。12月6日に2018台限定で販売した特別価格(1万6800円)の新型イリーは1時間で売り切れた。2018年、海外で白い棒を持って話す日本人観光客が徐々に増えていくだろう。日本人の海外旅行のスタイルがイリーで大きく変わる、かもしれない。

----------

■次のページでは、「イリー」の企画書を掲載します。

----------

■イリーの企画書

今回は商品企画書の代わりに、2017年1月にイリーが発表されたときに、ログバーCEOの吉田卓郎氏が行ったプレゼンテーション資料を抜粋して掲載する。

----------

■ログバー「ili」 https://iamili.com/ja/

----------

(すずまり)