高架下の建造物として柱をいかしたデザインの「2k540 AKI-OKA ARTISAN」(著者撮影)

写真拡大

東京・上野の「アメ横」にほど近い高架下に、「ものづくり」をテーマにした「2k540」という商業施設がある。各地で鉄道高架下の再開発が進んでいるが、2010年開業の「2k540」は、そのなかでも成功例として有名だ。なぜ成功したのか。宗教社会学者の岡本亮輔氏は、「その土地の歴史を基本コンセプトとして取り込んでいるからだ」と考察する――。

■「手仕事」の店が高架下に並ぶ

上野御徒町界隈の航空写真を見ると、戦前からJRの高架がよく目立つ。ただし、その下に何があるかは当然写っていない。現在、この高架下は商業施設になっている。JRが開発した「2k540」だ。2010年にオープンし、高架下再開発の成功例としてたびたび言及されている。開業直後は入居待ちのスペースが目立ち、土日でも人影がまばらなこともあったが、最近では、ユニークなショッピングエリアとして観光スポットにもなっている。

「2k540」の正式名称は「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケー ゴーヨンマル アキオカ アルチザン)」だ。「2k540」は東京駅までの距離を示し、「Artisan」はフランス語で「職人」を意味している。実際に足を運んでみると、かなり個性の強いお店が多い。手作り感のある傘屋、帽子屋、アクセサリー屋などが軒を連ねる。個人的には、どんな場面で使えばいいのかわからないものが多いが、それでも見ているだけで楽しい。まさに職人仕事の店の集合体になっている。

いま、一部で「ハンドメイド」がはやっていると聞く。「2k540」に入るお店も、そうした流れの中にあると考えられるだろう。そんな流行の先端をいくお店が、東京東側の高架下にあるのは意外なような気もする。だが、御徒町界隈の歴史を振り返ってみると、このあたりには昔から創意工夫にたけた異業の人々が集まっていたことがわかってくる。この高架下が、「ものづくり」をコンセプトに再開発されたのは、必然だったのだ。

■高架下にバラックが並んだ戦後

終戦後、御徒町の高架下には、コンクリート支柱を大黒柱にして竹とムシロで作ったバラックが立ち並んだ。だが、そこで暮らした人々を、現代のホームレスとひとくくりにするのは正確ではないようだ。上野御徒町界隈で青年期を生きた作家・色川武大(1929〜89年/別名・阿佐田哲也)は次のように書いている。

ちょっと註釈をいれるが、浮浪者というのは、当時は、戦災で家や職を失い、或いは家族関係が半端になってしまった者たちのことで、いわゆる根っからの乞食とはちがうのである。(色川武大『花のさかりは地下道で』)

住人の多くは、戦災で家財を失った人々や引揚者などの戦争被害者であった。家の中には乾電池式の電気やラジオがあり、コタツや仏壇もあった。

私はまだ濡れている服を気にしながら、ドサ健に誘われるまま焼跡を歩いて御徒町まで行き、国電の高架沿いにポツンと建ったバラックに入った。

それはしもた屋に見えたが、入口に半紙が一枚張りつけてあり、かに屋、と小さく書きつけてあった。「朝飯おくれ 、二つだ――」健の一言で、銀シャリと、アツい味噌汁、むろ鰺の干物、新香などがひと揃えずつ運ばれた。私にはそのどれもが夢の中でしか口にできないようなものばかりだった。(阿佐田哲也『麻雀放浪記(一)青春編』)

国が用意した引揚者向けの収容施設は燃料不足による停電が多く、食べ物も粗末な配給品であった。だが御徒町の高架下ならば、配給品よりもおいしくて栄養のある食べ物をアメ横で仕入れられたし、銭湯・寄席・映画にも行けた。高架下の住人は、より良い生活を求めて移り住んだのである。

■住民が増えれば自治が始まる

上野駅地下道で暮らしていた人々も、徐々に御徒町に合流していった。住人が増えれば自然と自治活動によって風紀と治安を維持しようとする運動が起き、1948年には勤労実践文化同盟という組織が作られた。1949年の総選挙では、すでに高架下に「定住6カ月」ということで、高架下住人のうち56人に選挙権が与えられている。

とはいえ、不法占拠がいつまでも看過されるわけもない。1951年、東京都民生局が、都内の集団仮小屋の一掃を念頭に、6カ所で実態調査を行っている。御徒町には180世帯300名が暮らしていたが、廃品回収業や人夫による収入もあり、要保護世帯はほとんどなかったという。結局1955年、上野警察署と台東区役所土木課が連携してバラックは取り壊された。敗戦から10年間、戦争で何もかも失いながら、高架下という都市の空白地帯でしぶとく生き抜いた人々がいたのである。

この地の人々の創意工夫の歴史は、宗教施設についても例外ではない。御徒町には不思議な形の寺が残っている。

御徒町は上野公園にほど近い。同公園の大部分が、元々は徳川将軍を祀る江戸の王権聖地・寛永寺だったことは知られているだろう。かつては、上野の山から御徒町・浅草方面にかけて無数の寺が存在していた。とげぬき地蔵として有名な巣鴨の高岩寺もかつては上野山下にあった。現在の岩倉高校がその跡地だ。

■現在も残る「アメ横の女神」

界隈の寺の多くは度重なる火災、市区改正、大震災、戦災で他所へと移転した。そんな中、現在でも残っているのが下谷の摩利支天(まりしてん)として知られる徳大寺である。同寺はまさにアメ横のど真ん中にある。摩利支天は陽炎が神格化されたもので、インドの宗教文化の気配を濃厚に残した神だ。陽炎には実体がないために傷つかない。それゆえ、武運長久を願う武士の守護神として信仰を集め、楠木正成や前田利家が摩利支天像を帯びて出陣したといわれる。

徳大寺も第2次大戦で焼失し、郊外に再建する話が出たが、「利益追求が激しい盛り場にこそ寺があるべきだ」という当時の住職の考えから、現在の場所に再建された。1964年、全伽藍が再建され、本堂正面には吉田茂揮毫の「威光殿」の額が掲げられた。このときから徳大寺は、階下に商店が入った、鉄骨コンクリート製の珍しい寺院になる。「寺に人の流れを断ち切られたくない」というアメ横の商店主たちからの要望があり、立体構造になったのだ。

現在でも、徳大寺へは階段を上って参詣するようになっている。そして1階部分やその周囲にはアメ横らしい菓子屋・食品店・スポーツ用品店・100円ショップなどがある。再建直後には、1階には純喫茶とバイキング・レストランが入っていた。住職がお布施や寄付を檀家に求めることに疑問を持っており、寺自らが資金を稼ぎ出す形を模索した結果だ。伝統的な寺院の姿に固執せず、自らで稼ごうとする寺社の先駆と言っていいだろう。

そもそも御徒町という名前は、何に由来するのだろうか。江戸期、上野御徒町界隈には、寺に加えて大名屋敷が並んでいた。鳥居丹波守、堀左京亮という落語『黄金餅』で有名な家のほかに、藤堂和泉守、加藤出羽守、宗対馬守などの屋敷が並んでいた。そして、これらの大きな屋敷の間を無数の下級の武士の家が埋め尽くしていた。騎乗が許されなかった徒士(かち)である。

徒士の乏しい俸禄だけでは生活が立ちゆかない。そのため、彼らはさまざまな内職を行った。わずかな農地に野菜を植え、観賞用の金魚や季節の虫の飼育を行った。時代劇でおなじみの傘づくりや提灯張り、つつじなどの観賞用植物の栽培も盛んであった。入谷の朝顔市のルーツも徒士の内職だ。

このように、上野御徒町界隈の手仕事文化の源流は江戸期にさかのぼる。もちろん、職人も大勢住んでいた。かんざしや帯留めといった手間のかかる装飾品を専門とする職人が多く、大名家や大奥からの発注もあったという。当然、伝統和小物の職人が多かったが、敗戦がそれを一変させる。

■徒士(かち)からインド人へ

まず、米兵をターゲットにした時計バンドを専門とする業者が御徒町に集まった。そして復興が進むにつれて、指輪やネックレスを作る店が現れた。こうして日本最大にして世界有数の宝飾問屋街が誕生する。

現在、「2k540」から昭和通りのほうへ進むと、無数の宝飾店が立ち並ぶ。通りには、ルビーストリート、サファイヤストリート、ダイヤモンドアベニューといった名前がつけられている。最盛期には1000社もの問屋が存在し、4兆円規模の取引が行われていた。面白いのは、宝石をきっかけに異文化も流入してきたことだ。

御徒町には無数の飲食店があるが、なかでもインド料理のレストランが目立つ。これはバブル期を中心に、宝石大国であるインドの業者が御徒町に進出し、それと共に食文化も入ってきたためだ。宗教という点で見ても、御徒町にはモスクもあれば、日本では珍しいジャイナ教寺院もある。いかにも下町という雰囲気の中を歩いていて突然モスクが現れると驚くが、実は御徒町の来歴が呼び寄せたある種の必然なのである。

このように考えれば、ものづくりを掲げる「2k540」がなんの脈絡もなしに作られたわけではないことがわかる。御徒町の高架下の周りには、昔から創意工夫に長けた人々が暮らしてきたのだ。

再開発とひとくちにといっても、さまざまな形がある。特に高架下は、都心において広い用地を比較的容易に確保できる絶好のスペースだ。リーズナブルな居酒屋が並ぶ高円寺などが典型といえる。御徒町のように、土地の歴史を基本コンセプトとして取り込む手法は良いモデルになるのではないだろうか。売られる物は違っていても、ものづくりや職人仕事といった深い部分での連続性がある。最先端の店を回りながら、江戸の歴史から南アジアの文化まで味わえるのは、ほかの街ではできない体験である。

----------

岡本亮輔(おかもと・りょうすけ)
北海道大学大学院 准教授。1979年、東京生まれ。筑波大学大学院修了。博士(文学)。専攻は宗教学と観光社会学。著書に『聖地と祈りの宗教社会学』(春風社)、『聖地巡礼―世界遺産からアニメの舞台まで』(中公新書)、『江戸東京の聖地を歩く』(ちくま新書)、『宗教と社会のフロンティア』(共編著、勁草書房)、『聖地巡礼ツーリズム』(共編著、弘文堂)、『東アジア観光学』(共編著、亜紀書房)など。

----------

(北海道大学大学院 准教授 岡本 亮輔)