画像提供:マイナビニュース

写真拡大

オンライン宿泊予約サイトを運営する Booking.com B.V.と楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAYは12月11日、民泊事業における業務提携について合意したことを発表した。また、Booking.com B.V.は今回の提携により、日本法人であるブッキング・ドットコム・ジャパンを通じて、日本の民泊市場へ本格参入する。

同提携により、楽天LIFULL STAYは、今後開設予定の民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)に掲載する国内民泊施設を宿泊予約サイトのブッキング・ドットコムに供給する。これにより、ブッキング・ドットコムのユーザーは、日本のホテルや旅館、ビジネスホテル、ホステルだけでなく、民泊施設も選択肢の1つとして、同社サービスサイト上で比較検討し、選ぶことができるようになる。

両社は、世界中の訪日旅行者に向けて共同でマーケティングを行い、民泊を提供することで、日本における民泊市場全体の拡大を目指す。