画像提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天は12月11日、「J-クレジット」の創出や販売などを手がける環境経済、小売電気事業などを手がけるグローバルエンジニアリングと連携し、ブロックチェーン技術を活用した「J-クレジット」の取引システム「Rakuten Energy Trading System(REts)」の提供を開始すると発表した。

REtsは法人顧客を対象に、再生可能エネルギーや省エネルギー等の導入により得られる二酸化炭素等の温室効果ガス削減効果を価値化した「環境価値」の1つである「J-クレジット」の購入や売却を可能にする取引システム。「J-クレジット」の取引希望者は、従来の入札形式や相対取引に比べ「J-クレジット」の価格と取引数量を容易に把握することが可能だという。また、購入した「J-クレジット」のオフセット(代替無効化)手続きサポートや、売却するための「J-クレジット」の創出サポートなどの付帯サービスを利用することもできる。

なお、システムの開発では、英国・ベルファストに所在するブロックチェーン技術に特化した研究開発組織である「楽天ブロックチェーン・ラボ」とも連携。システム上で取引可能な「J-クレジット」は、デジタルアセットとしてプライベートブロックチェーン上に発行され、取引に応じて所有権の移転がブロックチェーン上に記録される。将来的には、このブロックチェーンを、「J-クレジット」をはじめとした「環境価値」を扱うほかのシステムと相互利用できるようにすることで、オープンな「環境価値」の取引を促進するコンソーシアムの確立を目指す。