画像提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天データマーケティングは12月11日、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、企業がブランドサイトを設置できる広告商品「RMP(Rakuten Marketing Platform)-Brand Gateway」の提供を本格的に開始したと発表した。

第1弾としてマテル・インターナショナルが展開する玩具ブランド「きかんしゃトーマス」と「フィッシャープライス」のブランドサイトを同日に設置。2018年1月以降には「バービー」や「ウノ」などすべてのブランドが登場するとしている。

「RMP-Brand Gateway」は、動画など多彩なコンテンツでおすすめ商品を紹介したり、「楽天市場」の販売店舗に誘導したりすることができるブランドサイト。「楽天市場」の集客力を活用できるほか、消費マインドの高いユーザーに訴求することで、ブランドサイトから購買に効果的に結びつけることができるという。

また定期的なコンテンツの更新や、閲覧ユーザー層・売上データのレポート提供など、自社サイトのような柔軟性の高い運用も可能。さらに2018年春以降、管理ツール「RMP-Datatool for Brands(仮称)」を通じ、利用企業側でリアルタイムにコンテンツ更新・データ閲覧などを行える機能も提供する予定だ。