ぐるなびは、2017年春から提供する訪日外国人向けの多言語レストラン予約サービス「事前決済予約サービス」の提携先を強化する。(写真はぐるなびが提携する東アジアの大手旅行会社、ぐるなびの発表資料より)

写真拡大

 ぐるなびは、2017年春から提供する訪日外国人向けの多言語レストラン予約サービス「事前決済予約サービス」の提携先を強化する。今春に、中国・上海の中国最大のオンライン旅行会社「Ctrip」、台湾最大級のオンライン旅行会社「KKday」との提携に加え、12月からは、中国最大手のO2O「美団点評」と台湾最大の旅行会社「雄獅旅行社(Lion Travel)」との提携を開始した。

 事前決済予約サービスは、ぐるなびに登録された詳細なレストラン情報を多言語化し、提携先に提供するサービス。提携先は、自社のサービスを利用する訪日観光客に、日本国内のレストランの内容を分かりやすく伝え、事前に予約・決済を済ませることができる。今春以来の提携によって、Ctrip、KKdayからの事前決済予約数は4月〜10月末比較で約10倍増と好調だという。

 ぐるなびは、今後、韓国など東アジアを中心に提携先の拡大を予定。さらに、「ぐるなび外国版」で、メニューに掲載している全国約2万6000店舗において、直接事前予約決済が可能になるシステムを開発中で、多言語でも事前決済予約サービスの充実を図っていくとしている。

 2017年の訪日観光客数は10月までに累計2379万人。10月単月で前年同月比21.5%増の259万5000人と10月として過去最高を記録した。この中で、東アジア(中国、台湾、香港、韓国)からの訪日観光客数は全体の4分の3を占めている。

 12月から提携する「美団点評」は、中国最大のクチコミサイト「大衆点評」と、中国最大のクーポン共同購入サイト「美団」が2015年に統合して設立された。登録ユーザー数約6億人。企業価値は300億ドルとされ、未上場の新興企業の世界4位にランクされている。

 Lion Travelは、1985年設立で旅行サービス全般を提供。年間訪日客利用者数は45万人以上。

 Ctripは、1999年に中国・上海で設立し、会員数3億人。年間訪日客利用者数200万人で、訪日中国人の約3割が利用している。

 KKdayは2014年5月に台湾で設立され、15年10月に予約者延べ10万人を突破。6000件のツアーを持ち、日本、韓国、香港、シンガポール、マレーシアに海外拠点を持つ。(写真はぐるなびが提携する東アジアの大手旅行会社、ぐるなびの発表資料より)