中国メディア・今日頭条は9日、日本では自転車やバイクなどの二輪車も秩序正しく利用、管理されているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディア・今日頭条は9日、日本では自転車やバイクなどの二輪車も秩序正しく利用、管理されているとする記事を掲載した。

 記事は「日本はバイクの強国であり、4大ブランドが世界に影響を及ぼしている。中国のあるバイク愛好家が日本を訪れ、日本のバイク事情をカメラに収めてきた」とし、日本で見られるバイクやその利用状況を撮影した写真を複数枚紹介した。

 そのうえでまず、日本の第一印象を「クルマも街路もとてもきれいで、秩序が感じられる」とした。また、古い車種のバイクを多く見かけることから、1台のバイク長い期間大切に利用されていることを伝えている。そして、街で多く見かけるのは排気量の少ないバイクであり、特によく見かけるのは配達などの用いられる荷台付きのバイクであると説明した。

 さらに、同じ二輪車である自転車についても言及。中高年男性や青年から中年の女性の多くが自転車を利用しているとし、建物などの前にある駐輪スペースに同じ向きできれいに停められている様子を紹介している。また、バイクも指定されたスペースに秩序よく駐輪されており、各施設において駐輪するためのスペースもちゃんと整備されていることを伝えた。

 一方、バイクに対する管理や取り締まりも欧米同様にしっかり行われているとし、運転の際に着用が義務付けられているヘルメットを着用しないライダーが警察官の制止を受けて取り締まりを受ける様子も紹介している。

 中国のネットユーザーからは「日本人は恨めしいが、われわれが学ぶに値する場所も確かにある」、「これこそ市民の国という感じ。羨ましい」といった感想が寄せられた。また、中国では大都市を中心にバイク利用を禁止するケースがしばしば見られるが「大切なのは管理の仕方であり、禁止することではない。バイクはとてもいいツールなのに、管理しようとせず禁止してしまうのは行政の怠慢ではないだろうか」という指摘も見られた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)