有吉弘行

写真拡大

10日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)で有吉弘行が、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)に対する世間の批判に違和感を示した。

番組では、有吉が今年30周年を迎えた「みなおか」が2018年3月で終了となることに「さびしい」と漏らし、出演時の思い出を振り返った。

プロレスラー・鈴木みのると「熱々小籠包食い対決」をして勝利し「マジで追いかけられて、殺されんじゃないか」という思いをしたり、ロレックスの高級腕時計を買わされたりなどしたという。また、哀川翔のもみ上げをバリカンで刈ろうとして返り討ちに遭い、眉毛をそられたこともあったとか。

そんな番組内容を「イジメだ!」「かわいそう!」と非難する人もいるが、当の有吉は「僕ら、もう本当に楽しかったですけどね!」「とんねるずとかに『遊んでもらっている』っていう感覚でしたから!」と反論したのだ。

あらためて、有吉は当時のハチャメチャぶりについて「お笑いでもなく、遊んでるだけだからね!!」と爆笑しながら回想していた。

【関連記事】
有吉弘行がとんねるずの番組でさせられた過酷なロケ スカイダイビングを1日3回
有吉「いいとも!グランドフィナーレ」に出られず「僕もちょっとくらいあそこに参加したかった」と本音語る
有吉弘行、とんねるず&ナイナイ岡村のいいとも!「レギュラー」に疑問 「『スペシャルゲスト』とかじゃダメなのかね」