戸塚警察署の一日署長に就任した武田梨奈

写真拡大

武田梨奈が、12月11日(月)に新宿・戸塚警察署の一日署長に就任し、東京・高田馬場駅前で「STOP暴力キャンペーン」に参加した。

【写真を見る】あいさつを終えた武田梨奈がホッとした表情を見せた

警視庁戸塚警察署では、国民、都民を含む鉄道利用者やその職員への暴力や痴漢行為などの撲滅を目指し、自治体や関係団体、鉄道会社とも連動し「STOP暴力キャンペーン」を実施。

また、武田が主演を務める2018年3月公開の映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」は、“三十路”前夜の女性が気楽な銀行強盗に拉致され、一緒に逃亡劇を繰り広げるロマンチックコメディーだが、物語ではその強盗団への逮捕に警察の活躍が大きく描かれており、戸塚警察署とのコラボレーションが実現した。

一日警察署長に任命された武田は、「私も高田馬場はよく電車に乗って飲みに来たりもするんですけど、この時期は特に忘年会や新年会などでトラブルが起こりやすくなっていて、駅周辺や構内、ホームなどでも痴漢行為なども少なくないと聞いております。少しでもそういうトラブルがなくなるように、皆さんで一緒に楽しい年末年始を過ごせたらうれしいなと思います」と訴えた。

さらに、「作品のクライマックスで警察官の皆さんが大活躍する場面が一つの見どころとなっております。それが本当にどんでん返しで面白いので、ぜひ劇場に遊びに来てください」と映画をPRした。(ザテレビジョン)