北朝鮮戦で日本の攻撃に推進力をもたらした伊東純也【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ベンチで試合を見つめながら抱いていた「ある決意」

 終了間際に決まったMF井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的なゴールで、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表を1‐0で下し、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で白星発進したハリルジャパン。味の素スタジアムのピッチに送り込まれた14人の国内組のなかで、ビッグセーブを連発したGK中村航輔とともに存在感を示したのがFW伊東純也(ともに柏レイソル)だった。群を抜くスピードを武器に積極果敢に仕掛け続けた、ロシア大会の秘密兵器候補の現在地を追った。(取材・文・藤江直人)

----------

 神懸かり的なビッグセーブを連発していた守護神・中村航輔が相手のシュートを両手でキャッチした瞬間、カウンターに対応して素早く帰陣していたFW伊東純也はすぐ目の前にいた。

 わずか数秒後。ともに柏レイソルでプレーする2人によるホットラインが開通する。中村が思い切りボールを投げた先は右タッチライン際。すでに加速する体勢に入っていた伊東が標的だった。

 9日に味の素スタジアムで開幕したEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表との初戦はともに無得点のまま、時計の針は残り1分を切ろうとしていた。

 MF高萩洋次郎(FC東京)との交代で56分にピッチへ投入され、国際Aマッチデビューを果たした伊東は、それまでの戦況をベンチで見つめながら「ある決意」を抱いていた。

「自分がボールをもったら仕掛けようと思っていた。とりあえず縦に行こうと意識していました」

 そのハイライトが89分に飛び出したビッグプレーとなる。自陣のほぼ中央で中村からあうんの呼吸でボールを受けると、スピードをどんどん上げながら得意のドリブルを開始する。

 右タッチライン際を縦に駆け抜けていけば、自身の右側には北朝鮮の選手は誰もいない。左側から距離を詰めてくる相手だけをケアしながら積極果敢に、行けるところまでボールを持ち運ぶ。

 止まる気配のないドリブルに、慌ててMFカン・グクチョルが対応するも追いつけない。間合いを詰めようとすれば、さらに伊東が加速する。並走したまま、ついにはゴールラインが見えてきた。

 最後は伊東が放ったクロスを、グクチョルが何とか体に当ててクリア。コーナーキックに逃れるのが精いっぱいだった。約60メートルを駆け上がった独走劇に、スタンドも一気にヒートアップした。

 低い位置でブロックを形成し、カウンターを仕掛ける北朝鮮に押し込まれる展開が続いた。最初の交代カードとして起用された伊東へ、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が与えた指示は単純明快だった。

「低い位置だと裏を狙えと言われますけど、アタッキングサードまで行ったら自由にやっていいという感じだったので。少しは自分のよさを出せたかな、と思っています」

「サイドで違いを生む彼の姿を評価したい」(ハリルホジッチ監督)

 虎穴に入らずんば虎子を得ず、とばかりに仕掛け続けた。ピッチに入ってわずか1分後。DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)からの縦パスが、わずかながらずれた。それでも、簡単にはあきらめない。

 懸命に右足を伸ばし、ボールをイーブンの状態に戻した次の瞬間だった。真っ先にこぼれ球を拾い、縦へ飛び出してクロスを放った。4分後にも縦への突破からコーナーキックを獲得した。

 攻めるだけではない。日本が相手ペナルティーエリア内に攻め込み、ボールを失うやいなや猛然とプレスバック。相手を追い抜き、ボールを奪い返し、そのまま前を向くシーンも2度数えた。

 この大会で初めて顔を合わせる味方とのコンビネーションもさえた。77分には同じく途中出場のFW川又堅碁(ジュビロ磐田)とのワンツーを成功させ、再び右タッチライン際を抜け出した。

 そして、冒頭で記したビッグプレー。試合後の公式会見に臨んだハリルホジッチ監督は、勝利以外のポジティブな収穫として、中村とともに伊東の名前をあげることを忘れなかった。

「ボールをもったら仕掛けて、相手を抜くことができていた。そういう選手がチームにプラスをもたらした。仕掛ける能力や抜き去る能力など、サイドで違いを生む彼の姿を評価したい」

50m5秒8のスピードに加わったバリエーション

 指揮官が待ち焦がれた、ジョーカーになりうる存在だ。フロンターレを撃破した10月25日の天皇杯準々決勝。視察に訪れていたハリルホジッチ監督は、伊東についてこう言及していた。

「非常に気になる、興味深い選手だ」

 浦和レッズのMF長澤和輝を含めて、自分の目で見て、ピンときた選手のほとんどがラージリストに追加されてきた。国内組だけで臨むE-1選手権は、可能性をアピールする絶好の舞台だった。

 何が指揮官を魅了したのか。50メートルを5秒8で走破する、日本人屈指の韋駄天ぶりだけではない。相手を抜き去った後のプレーのバリエーションが、いまの伊東にはどんどん増えている。

 レイソルでも主戦場は右サイド。タッチライン際を駆け抜けてからのクロスはもちろん、左側へ切れ込んでから左足でシュートを放ち、味方とのコンビネーションも駆使して相手ゴールに迫る。

 たとえば8月13日の清水エスパルス戦では、自陣から発動されたカウンターに素早く反応。約60メートルもの距離を疾走し、そのままゴールネットを揺らす離れ業を演じてみせた。

 もっとも、神奈川・逗葉高校時代から、自らに「速いだけの選手とは思われたくない」と言い聞かせ続けてきた男は、続く同19日のガンバ大阪戦では「柔のプレー」で非凡さを存分に見せつけた。

 右タッチライン際でロングパスを受けると、縦へ突破すると見せて中央へ旋回。戸惑うガンバの守備陣をさらに翻弄するかのように、左足でカーブをかけた、芸術的な一撃をゴールに吸い込ませた。

 守備でも献身的な姿勢を見せ続け、レイソルでは試合状況によって右サイドバックに入るユーティリティーぶりも披露。E-1選手権の代表に抜擢したハリルホジッチ監督は、伊東をこう称賛していた。

「スピードがあり、仕掛けられ、違いを生み出せる面白いタイプの選手だ。90分間を通してアップダウンを繰り返せるし、チームの規律を守るタイプでもあるだろう」

無名のアマチュア時代から、波瀾万丈に富んだサッカー人生

 6大会連続6度目のワールドカップ出場を決めた8月のオーストラリア代表戦から、ハリルジャパンの右ウイングは浅野拓磨(シュツットガルト)と久保裕也(ヘント)が併用されている。

 浅野はオーストラリア戦で先制ゴールを決めたが、本来はセンターフォワード。50メートルで5秒9の快足を生かして縦へ抜けるプレーは圧巻だが、ウイングとしてのプレーには改善の余地を残す。

 久保が最も生きるのはセカンドストライカー的なポジションであり、2人に続く存在で、いま現在は招集リストから外れている本田圭佑(パチューカ)は絶対的なスピードに欠けている。

 逗葉高校から神奈川大学に進んだ伊東は、3年次と4年次を関東大学リーグの2部で戦った。その2年間で27得点18アシストをマークし、ヴァンフォーレ甲府からのオファーを勝ち取った。

 ルーキーイヤーの2015シーズンは、主に2トップの一角として30試合に出場して4ゴールをマーク。リオデジャネイロ五輪代表の候補になったそのスピードが、レイソルの目に留まった。

 迎えた昨シーズン。新天地でミルトン・メンデス前監督から、右サイドバックへのコンバートを告げられた。伊東本人には青天の霹靂だったが、いまではプレーの幅が広がったと受け止めている。

 もっとも、開幕3試合を終えた段階でメンデス前監督は電撃辞任。ヘッドコーチから昇格した下平隆宏監督は、アカデミーでは培えない絶対的なスピードを生かすうえで、伊東を右MFとして起用した。

 無名のアマチュア時代から、波瀾万丈に富んだサッカー人生を経験しながら万能型のウイングへと変貌を遂げた。プロの世界へ挑む道を開いてくれて、加入からわずか1年で最後は快くレイソルへ送り出してくれたヴァンフォーレには、いまでも感謝の思いを忘れていない。

右サイドで鋭さと異彩放つ秘密兵器になれるか

 そしていま、リオデジャネイロ五輪世代の浅野や久保と同じ土俵に立とうとしている。特に同じくスピードを武器とする浅野と比較されると、伊東は畏敬の念を込めながらちょっぴり困惑する。

「プレースタイルは一緒ではない。自分には自分のよさ、拓磨には拓磨のよさがある。ただ、拓磨もオーストラリア戦でのワンチャンスをものにしたところは、すごいなと思っていました」

 ハリルホジッチ監督から及第点を与えられた、約34分間のA代表初陣。伊東本人も「前に、前にという推進力は出せたと思う」と前向きにとらえながらも、もちろん満足はしていない。

 クロスは味方に合わなかったし、放ったシュートはゼロで、レイソルで何度も見せた中へ切れ込んでのコンビネーションも出せなかった。将棋で言う「香車」になるだけでは、ロシアへは生き残れないと伊東本人が誰よりも自覚している。

「クロスの最後の精度もそうだし、もっとチャンスも作れた。もっともっと自分のよさを出して、チームを勝たせられるように。もっと長い時間プレーできるように、アピールしていきたい」

 前身の東アジアカップ時代。ザックジャパンで臨み、初優勝した2013年大会は、国際Aマッチ出場歴がゼロだった選手は続々とデビューし、そのうちFW柿谷曜一朗やMF山口蛍(ともにセレッソ大阪)をはじめとする6人が、翌年のワールドカップ・ブラジル大会代表に選出されている。

 右サイドでナイフのような鋭さと異彩を放つ秘密兵器となるために。12日に中国代表、16日には韓国代表と続くE-1選手権の戦いで、ロシア行きの切符をもぎ取るための伊東の挑戦は続く。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人