※写真はイメージです(Getty)

写真拡大

有給休暇の消化率がまだまだ低い日本企業。そんな日本企業での有給取得について、あるTwitterユーザーが紹介した上司の対応が反響を集めている。

ユーザーが上司に「免許の更新」という理由を書いて有給を申請したところ「却下」されたそうだ。一見、有給取得を認めないブラック企業エピソードかとみられたが、実はそうではなかった。

上司は、「有給取るのに理由は要らん。理由を消して出し直せ」と「却下」の理由を明かしたそう。ユーザーはこれが「ほぼ実話」であるとのこと。東京都大田区議会のおぎの稔議員の「休みやすい会社は働きやすい会社なのではないか」というツイートを引用しながら、自身の会社を「確かに働きやすい会社」であると紹介している。 このユーザーのツイートは、10日10時の時点で6000件以上のリツイートと、6500件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で大きな話題となっている。

【関連記事】
「若いうちの苦労は買ってでもしろ」は老害? 言い換えに大反響
「女子力じゃなくて生活力」父から娘への忠告に大反響
プレ金に見た「日本企業の闇」に反響…有給使って花見の場所取り