ぐーちょきぱーの3人がド派手にインタビュー初登場!

写真拡大

TPDの派生ユニット・ぐーちょきぱーが、ライブではおなじみになっていたナンバー「ハジケソーダ!」をDIGITAL SINGLEとしてリリースした。 

【写真を見る】キュートなポーズのぐーちょきぱーに至近距離で撮影!

神ぐー沙紀(神宮沙紀)、櫻井ちょ季(櫻井紗季)、飯田ぱくら子(飯田桜子)による個性たっぷりな3人組の魅力、初の配信ナンバーの聴きどころ、そしてクリスマスの思い出話…とハイテンションで語ってもらいました。

――衣装からして個性たっぷりなぐーちょきぱーの皆さんですが、まずはグループの紹介からお願いします。

ちょ季:ファッションとライブが大好きな3人が集まったグループです。ファッションも通して、ライブを盛り上げていきたい。決まり事や固定概念はなく、何でもしちゃえ!という感じで自由に楽しんでいます。

――TPDの殻を打ち破った存在ですね。

神ぐー:え、TPDって何ですか? 私たち、あのグループとは別人ですから。

ちょ季:例えるなら、あのグループがコース料理だとしたら、私たちはバイキングなんですよ。何でもあり。

ぱくら子:私たちもファンの皆さんも何が出てくるのか探ってる最中。今が一番楽しい時期なので、オススメのグループですよ。

神ぐー:ライブの登場シーンも毎回凝ってます。「ぐーちょきぱーのテーマ」をフルに使って入場するんですけど、ぱくら子さんが入った箱を引きずりながら出てきたり。

ちょ季:会議室のイスとか、台車に乗って現れたりしていたよね。登場した後も客席にお菓子を投げたり、TPDって書いてある風船を割ったり。

神ぐー:今度はどんな登場をするんだろうって楽しみにしてほしいです。将来的にはお金も掛かった、すごい登場をしたいですね。

ぱくら子:今まで低コストで考えてきたので(笑)。

ちょ季:ハングリー精神はどこのグループにも負けないです。ライブへの思いが熱いので、自分たちでどんどんアイデアを発信して、お客さんの心をつかもうって思っています。

神ぐー:テンションの高さと面白さは負けませんね。私たちはMCでも盛り上げていきたいと考えていますので。

ちょ季:衣装もセルフプロデュースなんですけど、案を出し合ったらみんなバラバラで。

神ぐー:見事に分かれたね。

ぱくら子:そのおかげで1人1人のことが覚えやすくなったかも。

――そんな衣装のポイントを一人ずつ教えていただけますか。

ぱくら子:私は"病みカワイイ"がテーマ。カワイイ要素に、ちょっと裏の部分も入れて。ファッション誌で言うと「LARME」とか「bis」みたいなイメージです。

ちょ季:私はスポーティーな要素で、デザイン性にこだわりました。はやりのオーバーサイズで、袖から手が出ない感じとか。あとはショートパンツにラインソックス、厚底の靴がポイントですね。

神ぐー:私は自己主張が激しいロック系。この上にライダースも着たりして。髪色にも合った感じです。

――そんなぐーちょきぱーのライブではおなじみのナンバー「ハジケソーダ!」が配信リリースされました。しかも、配信当日にリリース発表でしたね!

神ぐー:ぐーちょきぱーの場合、そのくらいのサプライズがないと。

ぱくら子:ファンの方にも人気があってライブでも盛り上がっていた曲なので、配信されたのは喜んでいただけているだろうなと思います。

ちょ季:ファンの皆さんからもリリースしてほしいって言われていて、私たちも「そうだよねー」なんて答えていたんですけど。

神ぐー:1曲の間にいろんなことが起こる曲ですね。ハイスピードで言葉数も多くて、途中にラップパートもあったりして。本格的なラップじゃなくて、ラップ風に遊んで歌っているユニークさがおちゃめな印象で私たちらしいですね。

ちょ季:早口言葉みたいなね。メロディーもキャッチーで、初めて聴いた人でもすぐに覚えられると思います。自分が初めて聴いたときもそうだったし。

神ぐー:恋にオシャレにダイエット…って、端から見ると忙しいくらいに人生を楽しんでいる、ポジティブでハッピーな女の子から元気をもらえると思います。

ぱくら子:とにかく歌詞が楽しいですね。私もブリっ子してセリフを言っているところがあるので、そこはぜひ注目してほしいです。

神ぐー:今回の配信、タイトルが長いんですよ。(資料を指差して)ここに書いてある「ハジケソーダ!☆まけんグミ公式アンバサダー就任記念、ライブサイズだけど配信しちゃううちらは負けん組☆」が全部タイトルなので。全部言えるようになった人には拍手します。

ちょ季:グミあげちゃいますよ(笑)。

――ライブの曲振りのときも全部言わないといけませんね。

神ぐー:あ、そんな尺は取れないので「ハジケソーダ!」で(笑)。

――それはいいんだ(笑)。ライブといえば、12月23日(土)・24日(日)にはTPDとして、年内最後のCBGKシブゲキ!!公演も控えていますね。

神ぐー:(資料を裏返して)あ、そっちのグループの話はいいです。

――(笑)。じゃあ、時期的にクリスマスの思い出話などを…。

ちょ季:地元にいたころはイルミネーションとか見たことなかったんですよ。東京に来てから、クリスマスの概念が変わりました。毎年、感動しています。

ぱくら子:私は毎年、ポケモンのゲームをプレゼントでもらってました。兄が家にいない間にゲームに慣れておいて、戦ったときにドヤ顔で勝つっていう(笑)。

神ぐー:うちは寝室が2階で、ツリーは1階に飾ってあったんですよ。だから、クリスマスの朝はすごい勢いで階段を降りて、プレゼントを見に行ってたなぁ。

前日の夜、ツリーのそばのテーブルに飲み物を置いていたんですけど、いつもちょっとだけなくなってたんですよ。

毎年、クリスマス前にスーパーに行くと「ことしもサンタさんの飲み物、買っとかなきゃね」なんて言ってました。

ぱくら子:私はサンタさんの正体、幼稚園のころに知っちゃったからなー。夜遅くにサンタの格好した両親を見ちゃったんですよ。

これは見なかったことにしようって思って、次の朝に「ことしもサンタさん来たね♪」って言っていましたけど。

神ぐー:オトナだねー!

ちょ季:うちはプレゼントが枕元じゃなくて、なぜかベランダに置いてあって。玄関でもツリーの前でもなくてベランダ。どうして、こんな洗濯物を干すところに置いていくんだろう?って、ずっと思っていました。

――トナカイのソリに乗ったサンタさんが置いていくのにちょうど良かったんでしょうね(笑)。それでは、最後に2018年の目標を聞かせてください。

ぱくら子:2017年は結成したばかりで探り探りでしたけど、2018年はより私たちらしさを追求していきたいです。

ちょ季:ラジオから始まって、雑誌のコラムを持ったり…。3人でバラエティーにも出たい。

神ぐー:ようやく自分たちのやりたいことを形にできるようになってきました。まだまだ始まったばかりですけど、羽根を伸ばして楽しみたいです。

ぱくら子:TP…某グループより有名になりたいです!(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)