2018年6月に発表されるであろうiOS12で実現して欲しい新機能などのアンケート結果を、iOS News And Moreがランキング形式で発表しています。

iOS12で実現して欲しい機能の投票結果

iOSの次世代バージョンとなるiOS12は、例年どおりなら2018年6月に開催される世界開発者会議(WWDC 18)で発表され、2018年9月に一般向けに公開されると考えられます。
 
SNSを中心に活動する米メディアiOS News And Moreが、読者による「iOS12で実現して欲しいこと」の投票結果を発表しました。
 

 

1位:「新しいデザイン」11.0%

 
iOSシリーズのデザインは、フラットデザインを導入した2013年のiOS7以降、大きな変更は施されておらず、いくつかの標準アプリのデザイン変更にとどまっています。そろそろ新デザインが見たい、という回答がトップとなりました。
 

 

2位:「ダークモード」10.8%

 
iOS11では、設定アプリから「色を反転」を選択することで、ダークモード風のインターフェイスが利用可能です。iOS12では、コントロールセンターから簡単に操作できたり、周囲の明るさに反応して自動でダークモードに切り替わったりする機能に期待したいところです。
 
なお、iPhone Xに搭載された有機EL(OLED)ディスプレイは、「黒」を表示するのにバッテリーを消費しない特性があるため、省電力化にも効果が期待できます。
 

 

3位:「アプリごとにTouch IDかFace IDでロック」8.0%

 
アプリごとに、Touch IDかFace IDを使ってロック/ロック解除ができれば、データの安全性が一層高まると考えられます。この機能は、現時点ではごく一部のアプリのみが対応しています。
 

 

4位:「パフォーマンスや安定性の向上」8.0%

 
目立つ新機能はいらないから、iOS12にはキビキビと安定して動いてほしい、という声が8.0%の回答者から寄せられています。
 

5位:「新しい通知」7.8%

 
現在のデザインでは、複数のアプリで通知をそれぞれ複数回受け取ると、通知センターがゴチャゴチャになってしまいます。アプリごとに整理された通知なら、スッキリ見やすいはずです。
 

 

 

6位:「iPhoneでのSplit View」7.1%

 
iOS11では、iPad用のユーザーインターフェイスが強化されました。iPhoneシリーズの画面がさらに大型化すると予測されている中、iOS12ではiPhoneでも複数アプリのウィンドウを並べて表示できるSplit Viewに対応すれば、利便性の向上が期待できます。
 

 

その他の改善ボリューム表示をステータスバーに組み込む:6.2%

大きくて目立つボリューム表示を、ステータスバーに組み込むデザインは、YouTubeアプリで実現しています。
 

グループでのFaceTime通話:3.9%

 

新しい壁紙:4.8%標準アプリアイコンの刷新:4.3%

 

コントロールセンターの改善:3.4%

iOS11で刷新されたコントロールセンターですが、使い勝手の改善を望む声もあります。
 

カメラアプリ内で設定変更を可能に:2.0%

設定アプリを開かなくてもカメラの設定を変更できると便利です。

OLEDの特性を活かした常時オンディスプレイも良さそう

iOS News And Moreは、黒を表示するのに電力を消費しないOLEDの特性を活かし、いつでも時計を確認できる、ディスプレイを常時オンに設定できる機能を提案しています。
 

iOS12の発表まで、あと半年!

通常のスケジュールなら、2018年6月にWWDC 18が開催され、開発者向けにiOS12のベータが発表される見込みです。
 
あと半年ほどで発表されるiOS12で、どんな新機能や新デザインが採用されるか、今から楽しみになりますね。

 
 
Source:iOS News And More
(hato)

 
 

使い方をわかりやすく徹底解説!iOS11関連記事

iOS11でバッテリー消費を改善する6つの方法iOS11で戸惑う、11の変化と対処法iOS11新機能 使い方解説記事まとめ!