「にちようチャップリン」のグランドチャンピオン大会が決定!

写真拡大

12月24日(日)にオンエアされる「にちようチャップリンお笑い王決定戦2017グランドチャンピオン大会」の会見が行われ、MCの千鳥、田中卓志、相内優香アナと伊藤隆行プロデューサー、そして出場するジェラードン、超新塾、しゃもじ、ラフレクラン、アイデンティティ、うしろシティ、マルセイユが登壇した。

週ごとのチャンピオン7組が揃い踏み!

同大会は、10月29日から9週ぶち抜きで行われるM-1やキングオブコントに並ぶ(?)、お笑いのチャンピオンを決める決定戦。これまで毎週6組の芸人が戦い、各週でチャンピオンを決定。さらに、8週目(12月17日(日)オンエア)では、各週2位となった7組による敗者復活戦が行われ、チャンピオン大会では計8組が戦うこととなる。

伊藤隆行Pは、「これまで平野ノラ、サンシャイン池崎、アキラ100%らがこの番組から他局さんに羽ばたいていって…“素晴らしき踏み台”の『にちようチャップリン』ですが」とあいさつし、ノブから「戻ってこないんですね。弱いサッカーチームみたい」とゆる〜い雰囲気で会見はスタート。

しかし伊藤Pは「でも我々は羽ばたいていった人にあまり興味はありませんから。新人発掘が我々の使命です。とはいえベテランの方にも出ていただいていますし、厳選した42組がここに集結しています。ピンの方もいれば、漫才もコントも歌ネタもある。ごちゃまぜのバトルロイヤル状態で、テレビ東京から念願のお笑いコンテストが生まれる訳ですから、こういった記者会見もやってみたかったんです」とにこやかにコメント。

するとノブが「初めてだからやってみたかったとか言わないの」、田中も「手作り感が出ちゃうから!」と突っ込み、伊藤Pも「金屏風とか作っちゃった」とお茶目に語り、「それならもうちょっとこじんまりしたところでやった方がよかったのに!」とまたもノブに突っ込まれ会場は爆笑の渦に。

そして今回の優勝賞金300万円を「テレ東の限界を超えています」と伊藤Pは言うが、大悟から「他局だと1000万円とかですけど…しかも9週ぶち抜いてこの額ってコスパ良すぎ!」、ノブからも「お金を『池の水』に流してるでしょ!」と続々ツッコミが入った。

出場7組が入場。ジェラードンは、「300円目指して頑張ります」と優勝賞金の300万円を言い間違い、天然ぶりで記者の笑いを誘う。また、出場する中で最多の6人組・超新塾は「人数が多いのでチームワークを見せたい」、“チャップリン”シリーズ最多出演のしゃもじは「優勝したらトゥーナーアンダーニジリーメー(ツナマヨおにぎり)をたくさん買いたい」と沖縄の言葉であいさつ。

「じわじわチャップリン」初代優勝者のラフレクランは、「一番若手なので、全力でぶつかっていきたい」。アイデンティティは「きえーは入ってます!」と「ドラゴンボール」の孫悟空風にコメント。うしろシティは「いつかこの番組で優勝することを夢見て…」とボケて、ノブからすかさず「(コンビ結成時に大会が)まだ無かったろ!」と突っ込まれる。さらにマルセイユは登場するやいなや大悟から「びっくりするくらい無名!」といじられるも、「大阪の先輩方の雪辱を果たしたい」と気合十分。

また、記者から「この中でライバルは?」という質問が出ると、ジェラードンは「3人組なのでキングギドラさん」、超新塾は「ずっと気になってるのは男女コンビのこちらのお二方(伊藤Pと相内アナ)」、しゃもじ「沖縄でずっと頑張っているプロパン7のじゅぴのりさんで」とボケ続ける。

そんな中でラフレクランは「え〜うしろシティさんです」と真面目に語って「ボケろよ!」と一同から総ツッコミを受けて笑いを誘う。アイデンティティは「R藤本」、うしろシティ「僕料理得意なんで、土井善晴さん」、マルセイユ「あーはい、自分自身で」と次々と宣言し爆笑をかっさらった。

この後ネタ披露順の抽選会を。当日のネタ披露はうしろシティ、マルセイユ、ラフレクラン、敗者復活枠、超新塾、ジェラードン、しゃもじ、アイデンティティとなった。(ザテレビジョン)