早速ですが、クリスマスのご予定はもうお決まりでしょうか? 街じゅうが浮かれた雰囲気になるホリデーシーズンは、ついつい心が躍ってしまいますよね。夢に見るロマンティックなプランはあれど「相手がそれを望んでいるのか」と聞かれたら、ちょっと自信がなかったりして。
今日はアラサー男子に「彼女にやってほしいクリスマスの演出」について聞いてまいりました。男の妄想や夢、言えない本音などなど赤裸々にお届けします。

プレゼント交換したい!

「彼女とのプレゼント交換とか、憧れますよね。そんな高価なものは買えないけど。職場で、おのおの3000円で買ってきたプレゼントを交換する予定なんですけど、結構盛り上がっているんですよ。彼女だったら何を買ってくれるのかなとか、想像してしまう」(メーカー勤務/26才/男性)

▽ クリスマスといえば、サンタさんからのプレゼントですよね。好きな人が自分のために選んでくれるなら、なんでもうれしいものです。職場のプレゼント交換も楽しそう!

人ゴミには行きたくない!

「クリスマスの混雑が苦手で……。学生の頃はそれでも出かけていたけど、もう行こうとは思わないですね。人が少ない穴場のバーとか、彼女の部屋とかでゆっくりしたいな」(接客/25才/男性)

▽ レストランの予約をとるだけでもひと苦労ですし、道路も混みますものね。自由に動けないというストレスを感じずにリラックスして過ごしたいというお声はほかにもありましたよ。

キャンドルの照明で大人っぽく演出!

「部屋の明かりを消して、キャンドルだけの照明とか、夢ですよね。ムードも出るし。そういう幻想的な感じがすきなので、やってほしいなって思います」(医療系/30才/男性)

▽ キャンドルのみの照明だなんて、ムード抜群じゃないですか! そんなお部屋にお呼ばれしたら、帰りたくなくなっちゃいそう!

サンタコスしてほしい!

「よく、バラエティショップとかでサンタのコスプレ服を売っているじゃないですか。あれを一度でいいから彼女に着てほしいなあ。彼女には言えませんけど。まあ、何を着ていても彼女であればなんでもいいんですけどね」(コンサルタント/34才/男性)

▽ ご、ごちそうさまです! 最近では、トナカイのコスプレなんていうものもあるようですね。アラサーでサンタコスをするなんてはずかしい、なんて思うのはもう古いのかも!?

チキンとケーキを食べる王道をやりたい!

「子どものころ、クリスマスには、両親がチキンとケーキを買ってパーティをしてくれたんです。彼女とは同じことしたいなって思います。家族な感じがするっていうか、いちばん安心する過ごし方なので」(金融/27才/男性)

▽ 自分の家族と同じことをしたいだなんて、彼女さんが聞いたら感動すると思いますよ。子どものころに、クリスマスをどう過ごしていたかをリサーチすることで、彼が喜ぶクリスマスの過ごし方が見えてくるかもしれませんね。

素敵なクリスマスをお過ごしください!

いかがでしたでしょうか? クリスマスのサンタさんに夢を見ているのは女子だけではないのですね。なんだかほっとしたような、プレッシャーで肩の荷がちょっぴり重くなったような複雑な気持ちなのは筆者だけではないはず……!
ともあれ、イベントは非日常を思い切り楽しめるチャンスです。彼のはじける笑顔を見るために、ひと肌脱いでみるのもいいのかも!?