1stイメージDVD「こまきまこ」発売イベントに登壇した小槙まこ

写真拡大

ドラマ「スミカスミレ」(2016年テレビ朝日系)や、「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2」などに出演、2018年さらなる活躍に期待がかかる女優・グラビアアイドルの小槙まこが、11月30日に1stイメージDVD「こまきまこ」(エスデジタル)をリリース。東京・秋葉原で行われた発売記念イベントに出席し、作品の見どころの他、2018年の目標などを語った。

【写真を見る】黄色いビキニは「シンプルだけどかわいらしい」とお気に入り

今作が初DVDという小槙。「自分で見るのが恥ずかしかったです(笑)。いつもの自分にはない部分だったり、いろんな人に見てもらいたいなとか、手にしてほしいなという思いが大きくなりました」と小槙はあいさつした。

小槙は大分県出身、1994年10月6日生まれの現在23歳。ドラマや映画、舞台、CMで活躍中だ。

グラビア挑戦のきっかけについて小槙は「もっとたくさんの人に知ってもらおうというのが一番ですね」と笑顔でアピール。

お気に入りの水着は色鮮やかな黄色のビキニだという。「黄色の水着は結構元気な感じで、シンプルだけどかわいらしい…お気に入りです」とはにかんだ。

また大変だったシーンについては「セクシーなポーズを取る…普段しない体勢が多かったので筋肉痛になりました(笑)」と振り返りつつも、機会があれば第2弾、第3弾にも挑戦したいという。

自身のチャームポイントに関しては「ふふふ…ムチムチ感(笑)。肉付きがいいところもあるので」と照れ笑い。

この日の衣装については「普段ワンピースを着る機会があまりなくて、カジュアルな、ダボっとしたパンツをはいたりとかが多いんですけど、こういう機会だからこそ着られる服、着てみたい服。普段肩を出すとかあまりしないのでいい機会だなと思って」と思いを明かした。

最後に「特命係長 只野仁―」に出演した感想も求められた。小槙は「私が絡ませていただく役者さんが大先輩ばかりだったので、もうガチガチだったんですけど、でも撮影の合間に気さくにお話ししてくださったりとかしたので、すごく楽しいし、現場に行くのも楽しいし、勉強になる現場でした」と様子を語り、「今後も女優さんとして?」の質問には元気に「はい!」と答え取材会を締めくくった。(ザテレビジョン)