「攻撃に工夫が必要」反省点を口にするも…小林悠「代表は結果が全て」

写真拡大

 小林悠(川崎フロンターレ)にとって、EAFF E-1サッカー選手権の朝鮮民主主義人民共和国代表戦は、約1年ぶりの日本代表戦出場だった。

 「代表は結果が全て。難しい試合だったけど勝てたのは大きいです」と小林は振り返る。それでも、内容に不満があったことは事実だ。小林は「前半は相手が低い位置でブロックを作っていたので、もうちょっと攻撃に工夫が必要でした。ボールを保持して相手を引き出してから、空いたスペースを有効に利用して攻めるとか」と話し、前線の選手として単調な攻撃に終わってしまったことを悔やんだ。

 小林が話した“ボールを保持してからの攻撃”とヴァイッド・ハリルホジッチ監督が目指す“縦に速いサッカー”には少し違いがあるかもしれない。それでも小林は「実際にプレーするのは選手なので」と語る。「もちろん監督の目指すサッカーを理解することは大前提。そのことを踏まえた上で、引いた相手にどうやって仕掛けるかが大切。あれだけブロックを低い位置で作られるとさすがに背後を狙うのは難しいので」

 所属する川崎フロンターレではセンターフォワードとしてプレーすることが多いが、代表では右サイドを任せられることが多い。小林は右サイドでのプレーについて「左からのクロスにもっとうまく反応できるようにしないといけない」と課題を口にした。次の中国戦に向けては「シュートをもっと多く打っていきたい」とコメント。所属チームのJ1制覇に加えて得点王獲得と充実の1年を過ごした小林は、代表生き残りを懸けて残りの試合に臨む。