韓日議連の姜昌一会長=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓日議員連盟に所属する韓国の超党派国会議員が10日、日韓議員連盟との合同総会に出席するため、日本を訪問した。4日間滞在する。姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)が発表した。

 訪日したのは姜会長のほか、最大野党「自由韓国党」の金武星(キム・ムソン)議員、第2野党「国民の党」の鄭東泳(チョン・ドンヨン)元統一部長官ら58人。

 総会では北朝鮮の核・ミサイル開発に対する韓日協力や両国間貿易の拡大、平昌冬季五輪に向けた協力などを協議する。

 11日には安倍晋三首相を表敬訪問する。