【詳細】他の写真はこちら

さくらしめじが、全国各地のライブハウスを回る自主企画『菌育』のスペシャル版として、12月9日、東京・赤坂BLITZにてワンマンライブ『菌育 in the 家(はうす) スペシャル!』を開催した。

オープニングSEに合わせて両手を振りながら元気よくステージに飛び出してきた田中雅功(がく)と高田彪我(ひょうが)のふたり。「皆さんこんばんは〜、さくらしめじです! とうとうこの日がやってきましたー」と雅功が元気よく会場に声をかける。大歓声の中、ゆっくりとギターを抱えると「せーの」で息を合わせて1曲目の「あやまリズム」をタイトルコール。彪我のトレードマークでもある、首にかけたタンバリンを叩きながら、気持ち良くアコギを響かせる。ニコニコとした表情で会場を見渡す彪我、雅功は体を揺らしながら会場の空気感を楽しんでいるのが伝わる。ふたりが向かい合い微笑みあうと、キレのいいストロークから「せきがえのかみさま」へ。

※「高田彪我」の「高」は、はしごだかが正式表記。

改めて客席に向かって挨拶をして、「赤坂です、イエーイ!」と喜びの声を伝える彪我。雅功が、7月よりスタートした『菌育ツアー』で全国を廻っていることに触れ「まさかこんな大きな会場でできるとは思ってなかった」と喜びを伝える。「今日は、スペシャルなライブを皆さんと作っていければと思っています」と宣言し、「だるまさんがころんだ」「おたまじゃくし」へと続く。この夏は、初めての学園祭ライブも経験、全国各地のイベントに出演するなど、数多くのライブをこなしてきた。その経験が、彼らを確実に成長させていることは、ここまでの数曲から伝わってくる。

そのツアー中、「雑誌の取材で作らせてもらったアコースティックギターが完成したということで、『菌育』ツアーで広島に行ったときに岐阜に寄って受け取ってきました」という報告と共に、岐阜県可児市にあるヤイリギターでオーダーしたオリジナルギターをファンに披露。木目の美しい雅功のギター「K.FUKAMI」と黒くてシックな彪我の「タカダイリヤン」。「このギターを使って皆さんに曲をお届けしようと思います」と紹介されたのは「さんきゅう」。力強いギターの音に乗せられた10代の不安や未来への期待に強く共感させられる。「これからも一緒にいよう」でふたりが見つめ合い微笑むと一転して、リズムのいい「ひだりむね」へ。「いい音でしょ〜?」と満足気な顔を見せる雅功から「スペシャルなのは、これだけじゃありません」と告げると、「スペシャルな、本当〜にスペシャルなゲストに来ていただきました」と紹介されたのは、Every Little Thingの伊藤一朗。客席からは大歓声が上がる。

シングル「あやまリズム」のカップリングでカバーした「fragile」を聴いて、「フレッシュさを感じた」という感想を伝える伊藤。彪我からの「何歳からギターをやってるんですか?」、雅功の「身長を伸ばすにはどうすればいいんですか?」というピュア過ぎる質問にも、絶妙な面白さで答えて、会場を楽しい雰囲気して包んでくれた。印象的なメロディと歌詞の「fragile」は、さくらしめじならではのハーモニーと伊藤のギターソロで優しい空気を作り上げていた。

ゲストと入れ替わりにバンドメンバーが呼びこまれ、「ふうせんはなび」へ。左右に設置されたお立ち台に乗って、お客さんを盛り上げる。続けて「ケセラセラララ」中盤で雅功が彪我を誘うようにジャンプ! 会場からは大きな歌声が響き渡っていた。

クリスマスは毎年ふたりで練習をしているというエピソードから、彪我の「プレゼント交換をしてみたい」、雅功の「スケートをしたい」という妄想クリスマス話で盛り上げたあとは、『菌育』ではすっかりおなじみの「即興3ワードソング」へ。客席から挙げられた3ワードを入れて曲を即興で完成させていくのだが、いつも担当している彪我に代わり、スペシャルらしく雅功が初挑戦! 男性ファンからの「消費税」、5歳の男の子からの「消防車」、2階席からの「サッカー」という3つのお題をもらうと、うーんと考え込んだあと、メンバーにコード進行をリクエストしつつ「できるかな……」と不安がりながらも、「消防士が、“消費税さん”という人から頼まれて火事を消して、サッカー少年を助ける」というロックなナンバーを完成させた。「バンドメンバーのおかげで“かっこいいっぽく”なってるだけです」「けっこう無理やりだったね」と苦笑いしつつも、「即興でメンバーと合わせていくの、めちゃくちゃ楽しい!」と盛り上がっていたので、またどこかの会場で雅功ver.を観られる日があるかもしれない。

クリスマスらしい映像と共に、ピアノの音が印象的なメロディアスで少し切なさもある、気持ちのいい「かぜのめろでぃー」が歌われたあとは、シーンとした会場に雅功のブレスが響き「きみでした」へと繋がる。雅功の切なげな表情と声が生きる曲。クリスマスという時期にぴったりの、片思いの男の子の切なさが伝わる。

このスペシャルな日のために用意された新曲「スタートダッシュ」では、一気にボルテージがアップ! ブレイクポイントでは、顔を見合わせて頷く。クラップで盛り上がるなか、低音の気持ちいいリズムが響き「ねこの16ビート」へ。グルーヴ感のあるロックサウンドに合わせて「にゃんにゃん」という可愛い歌詞が妙にマッチしていてクセになる。お立ち台で客席を盛り上げ、どんどんヒートアップしていく中、「おなかすきましたかー?」という彪我の決めセリフから、台上で激しく奏でられる雅功のギターソロが披露され「てぃーけーじー」へ。曲中で彪我が卵かけごはんを食べるパフォーマンス&雅功の実況で盛り上げる。

本編ラストナンバーの「えそらごと」がコールされると会場にシャボン玉が降り注いだ。雅功の歌声に彪我のハーモニーが重なり、広がりのある気持ちのいい曲。「うれしいときさみしいとき、寄り添っていけるような曲を届けていきたいと思っています」と雅功。「これからもスペシャルを届けられるように頑張ります」と彪我。「届けー!」と叫ぶとさらに会場が熱くなる。メンバーと顔を合わせ、お客さんと一緒に笑いあって、ジャンプを決めた。

アンコールは、さくらしめじが初めて作詞作曲をした「おもいでくれよん」を、ファンの間を通って、客席の中央に作った小さいステージで生声&生ギターを披露。「ストリートみたいな感じだね」と雅功。ファンのみんなとの公約として、インスタのストーリーにこの瞬間の映像を生配信した。ラストナンバーとなった「みちくさこうしんきょく」の最後に「人との繋がりが大事だと思ってる。もっともっといろんなことを共有して成長していきたい」と話した雅功。「ライブができるのはふたりの力だけじゃない。みんなに感謝している」と言った彪我。その想いが、この客席に作られたステージでの歌声に込められていたように思えた。

実は、アンコールのMC中、ふたりにはサプライズで『菌育in the 家』のファイナルとして、日比谷野外音楽堂『真夏の星空ピクニック』が決定したことが知らされた。「ひゃーーー」と驚く彪我、口をあんぐりと開けていたかと思うと喜びのあまりギターを置いて走り出した雅功。しかし、改めて「また向かうべき場所が増えました!」と未来への期待を口にした。

この日会場に集まったきのこりあん(さくらしめじファンの総称)は、1111人。倍以上の動員を掲げ、さくらしめじは、さらに大きく前進していくと確信させられた。

TEXT BY 大庭 利恵

PHOTO BY ハヤシ サトル

ライブ情報



さくらしめじの忘年会「きのこりあんの集いvo.2」

12/29(金)東京・光が丘IMAホール

菌育 in the 家(はうす)ファイナル!「真夏の星空ピクニック」in 日比谷野外大音楽堂

07/28(土)東京・日比谷野外大音楽堂

リリース情報



2017.08.23 ON SALE

SINGLE「あやまリズム」

さくらしめじ OFFICIAL WEBSITE

http://sakurashimeji.com/