ストークシティ所属FWヘセ・ロドリゲス

写真拡大

ストーク・シティ所属のスペイン代表FWヘセ・ロドリゲスが病気の息子の元に向かうために試合を欠場した。
ヘセの息子ニャン君は未熟児として生を受け、6月より入院している。
ニャン君の病気に関しては情報が公開されていない。所属クラブのストーク・シティは、ヘセが息子に付き添えるように休暇を与えた。

ニャン君はヘセとその恋人アウラ・ルイスとの間に生まれた最初の息子だ。
息子の病院付き添いの為、ヘセはプレミアリーグのトッテナム戦を欠場した。結果はハリー・ケインの2ゴールなどでトッテナムが5-1で圧勝している。

ヘセ自身、SNSを通じてグランカナリヤ島の病院を訪ねていることを打ち明けた。

「人生がまた試練を課してきた、、、しかし僕はまた君の傍にいる。僕を必要とする時はいつも一緒にいる。僕をきつく掴んで離さないでくれ、僕も君を決して離さない、ニャン、頑張れ」とヘセはインスタグラムのストーリーに掲載した。