櫻井翔が大義を成し遂げるために必要なことは? 『先に生まれただけの僕』第9話で迫られた決断

写真拡大

 ごく一般的な連続ドラマの定説からすれば、ひとつひとつの問題が解決していき、それがうまくまとまり、クライマックスでもう一波乱生じて、無事にすべてが丸く収まるものだ。ところが、『先に生まれただけの僕』は、毎回毎回そんな予想を良い意味で裏切っていく。9日に放送された第9話は、最終回前のエピソードでありながら、いつも通りの雰囲気で物語が進んでいく。

参考:“夢”と“現実”はどこで折り合いをつける? 『先に生まれただけの僕』櫻井翔が示した、教師の立場

 学校改革の一環である、部活動の強化によって雇ったバスケ部のコーチが、遠征試合を計画。ところが、それにかかる費用を巡って、生徒の保護者が学校に押しかけてくるのである。さらに、他の部活動からも遠征を行いたいとの申し出があり、その費用捻出に鳴海(櫻井翔)は頭をひねることになった。

 一方で、学校改革のメインとなる、生徒確保の策として、受験に向けた個別相談を行うこと、さらにSNSを駆使して学校をアピールすることがとんとん拍子で進んでいく。そこに鳴海と松原(多部未華子)の微妙な関係、そして鳴海を京明館高校から外そうと暗躍する加賀谷(高嶋政伸)の姿も重なっていく。まだどうしても掴みどころのないストーリーという印象だ。

 これまで鳴海が校長に赴任してから、「京明館高校を変えていく」という目標に向かって、常に受験生の確保に取り組んできた。たしかに、それの具体的な成果が出るのはだいぶ後になることなので、ドラマの中で描き切るのは難しい部分かもしれない。しかしながら、そこに向かうに至るための、様々なプロセスが、あまりにも多いという見方は否めない。

 たとえば「反・鳴海校長」を掲げてきた3年生担任の河原崎(池田鉄洋)、郷原(荒川良々)、杉山(秋山菜津子)の3人との関係だ。ほかの真柴(蒼井優)や島津(瀬戸康史)が鳴海に協力する姿勢を見せているのは明確だが、この3人に関してはいまだに一進一退が続いている。

 アクティブラーニングの導入と、ペップトークのくだりで少しだけ柔らかい印象を得た河原崎と杉山、その後の加賀谷との密会を経て郷原も少しだけ心を開いたような雰囲気を見せていたが、今回の部活動の件で河原崎と再び微妙な感じに。とはいえ、生徒から「なぜ生物の教師になったのか」を訊かれて答える河原崎は、少しだけ鳴海のおかげで変わってきた学校の雰囲気に、居心地の良さを覚えるわけだ。

 このまま適度な対立を続けていくというのもリアリティがあって良いのだが、どうせならば、完全に鳴海の味方になってくれるほうがドラマらしく、清々しくもある。加賀谷の策によって、京明館高校を離れるか否かの選択を迫られる鳴海。彼が大義を成し遂げるためには、やはり教師全員が味方になることが重要なのではないだろうか。

 松原からの突然の婚約破棄に、加賀谷から迫られた決断。学校内の問題もまだまだ山積みで、このまま最終回を迎えてしまうのは、非常にもったいない気もする。このドラマとしての“掴みどころのなさ”をうまく生かしながら、綺麗に物語がまとまってくれることに期待したい。

■久保田和馬映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。