北朝鮮戦がA代表デビュー戦となった中村。3本のビッグセーブを見せるなど、勝利に大きく貢献した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 北朝鮮、韓国、中国の3か国を相手に、Jリーグ勢のみで参加するE-1選手権。最大の見どころは、なんといっても、国内組のサバイバルレースの行方だ。12月9日の初戦の北朝鮮において、6か月後のワールドカップのメンバー入りをかけて、どんな選手がハリルホジッチ監督へのアピールに成功するのだろうか。
 
 思い返せば、ブラジル・ワールドカップの1年前に開催された2013年大会において、ワールドカップ行きのチケットを手に入れる大きなアピールチャンスを生かしたのは、大会MVPになった山口蛍、得点王に輝いた柿谷曜一朗だった。今大会でも、チームの結果とともに個人のアピールに大きな期待を寄せながら、12月9日の初戦、北朝鮮戦の90分間を見ていた。
 
 試合展開としては、これほど劣勢の時間帯が続くとは想像していなかった。前半から北朝鮮の一体感のあるディフェンスと、勢いをもったカウンター攻撃に苦しんだ。最終ラインはそれらへの対応でミスが多く、迎えたピンチは数知れず。急造チームゆえの連係ミスも目立った。攻撃でもボールの出し手と受け手の“呼吸”が合わず、チャンスらしいチャンスを作ることができなかった。
 
 ボールポゼッションこそ高かったものの、ボールを回しているというよりも、北朝鮮のプレッシャーをかわすのが精一杯。決定的なチャンスはないものの、いつ失点してもおかしくない危ういシーンが続いていた。
 
 そうした展開のなか、頼もしい活躍を見せてくれたのはゴールキーパーの中村航輔だった。思い切りの良い飛び出しとセービングで、相手のチャンスをことごとくシャットアウト。この日が代表デビューとは思えないほどの安定したパフォーマンスを見せてくれた。躍動感あふれるプレーぶりは北朝鮮のそれを上回っていた。
 
 スコアレスを保つことができたからこそ、アディショナルタイムでのゴールによって、日本は劇的な勝利を飾ることができた。中村の活躍がなければ、間違いなく日本は勝つことはできなかった。もちろん、単純比較はできないものの、決勝ゴールを奪った井手口陽介も賞賛に値するが、90分間の貢献度で言えば、中村のほうが数段高かった。つまり、この日のMVPはこの男ということになる。
 
 もっとも、ゴールキーパーの活躍の印象が強いゲームだったということは、裏返せば、フィールドプレーヤーのインパクトが薄かったという証明でもある。今回は、国内組のみのメンバー構成で臨んでいるわけだから、本来ならば、Jリーグ得点王にしてMVPに輝いた小林悠は勢いのある活躍が見たかった。Jリーグのレベルの高さを証明することにもなるわけだから、その意味においても、チームとしても、北朝鮮を圧倒してもらいたかった。ワールドカップのメンバーに入るためには、当然、結果を残さなければならない。プロの世界は結果がすべてなのだから。
 ただ、先ほども述べたように、急造チームゆえの連係不足は、ある程度目をつむるべきだろう。ましてやこの日は急造チームにとって初戦でもあった。北朝鮮のプレッシャーが弱まってきたというエクスキューズがつくものの、選手交代によって活性化した終盤にみせてくれた “背後を突く”攻撃を増やしていけば、得点チャンスも増える。ハリルホジッチ監督もそれを目指しているはずだろう。
 
 そんな展開を見ることができたのが、3つのシーンだ。
 
 68分に谷口のフィードから倉田が相手の“背後”をとってゴール前へクロスを上げたシーン。後半アディショナルタイムにパスワークから車屋が“背後”へ抜け出してクロスを入れたシーン。そして阿倍のスルーパスに反応した川又が“背後”に飛び出してクロスを上げた決勝ゴールのシーンだ。
 
 この3つのプレーは、すべて“背後”を突いていったものだが、守備を固めたチームを相手にしたとしても、やはりゴールチャンスが生まれるケースは、“背後”を奪えた時だ。そのイメージを大事にしながら、初戦以上に“呼吸”が合ってくるであろう次の中国戦では、攻撃陣の強烈なアピールが見たい。

◆プロフィール
藤田俊哉(ふじた・としや)/1971年10月4日生まれ、静岡県出身。清水市商高-筑波大-磐田-ユトレヒト(オランダ)-磐田-名古屋-熊本-千葉。日本代表24試合・3得点。J1通算419試合・100得点。J2通算79試合・6得点。J1では、ミッドフィルダーとして初めて通算100ゴールを叩き出した名アタッカー。2014年からオランダ2部VVVフェンロのコーチとして指導にあたり、16-17シーズンのリーグ優勝と1部復帰に導いた。新シーズンよりイングランドのリーズ・ユナイテッドでスタッフ入り。また、今年7月より藤田俊哉×H.I.S.ブログ『藤田俊哉サロン』がスタート