谷口彰悟【写真:Getty Images】

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会・朝鮮民主主義人民共和国代表戦から一夜明けた10日、日本代表は練習を行った。

 初戦を改めて観たという谷口彰悟は「正直そんなに良くはなかったですし、(中村)航輔にかなり助けられた部分がある」と反省を述べた。相手にチャンスを作られ、谷口も後手の対応を強いられる場面があった。

「周りを合わせるところでコミュニケーションを取っていかないといけない。でもあの試合を苦しみながらも勝てたことは良かった。またみんなで修正してコミュニケーションを取って、次はいいゲームをできるという自信はありますし、またチャンスをもらえた時にいいプレーをできる準備をしていきたい」

 谷口をはじめ、今大会のメンバーは代表経験が多くない。連係を深める時間も少ない中で、「特に前半なんかは多少さぐりさぐりのところも正直あった。どこで欲しいのか、どこでボールを取りたいのかというのを合わせながらやる時間が、というのは正直前半はあった」と語っている。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「勝ったことは素晴らしい、おめでとうと言っていた」と谷口。「ただ選手もそうだし監督もそうだと思いますけど、満足している人は誰もいないと思うので、次はもっともっといい試合をしようとは言われた」と明かした。

 初戦はGK中村のビッグセーブに救われたが、谷口もCBとしてやるべきことを自覚している。

「守備のところはもちろん、きちんと求められることをやっていかないといけない。球際だったりデュエルはもっともっとやっていかないと。ただ昨日みたいな展開になったり自分たちがボールを持つ時になると、中盤の相手のプレスが現代サッカーは激しくなってきているので、その代わりCBは比較的、余裕を持ってボールを持つ時間もあるので、そこでゲームを組み立てるというか、CBから効果的なパスだったり組み立てるということは自分の特徴の一つだと思うので、どんどん出して行ければなと」

 1試合目を経験したことで、互いの特徴もより理解できたことだろう。そうした中で次戦以降、谷口はどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部