室屋成【写真:Getty Images】

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会・朝鮮民主主義人民共和国代表戦から一夜明けた10日、日本代表は練習を行った。

 代表デビュー戦となった室屋成は、「少し緊張した部分もあった」と言う。それでも時間の経過と共に落ち着いてプレーできるようになった。

「試合の中でやっぱり少し独特な雰囲気は感じましたけど、後半とかは慣れで落ち着いてプレーできた。ここからどんどん積み重ねていければいいかなと思っています」

 右SBで出場した彼の前方には最初、小林悠がいた。そして試合途中には伊東純也とタテ関係を形成した。「2人ともプレースタイルが違うので、悠くんが中に入ってきた時に自分が高い位置に入ろうって意識していた」と、J1得点王との連係についてはこう話した。

 また伊東とのプレーについては、「純也くんが高い位置でボール持った時は自分が追い越すよりも、タテにスペース空けて仕掛けさせたほうがいいなと思って、後ろでスペース作るってことを意識していた」と語った。

 そして、「2人とも素晴らしい選手なので、もっともっとうまく合わせていく必要があると思いますけど、最低限の合わせっていうのはできたのかなと」と手応えも口にした

 A代表の一員として、室屋は練習から意欲的に取り組んでいる。

「やっぱりレベルの高い選手がたくさんいる中で、こうやって練習から、試合も出させてもらって。本当に自分にとってはすごくいい経験ができているので、楽しいですし、本当に個人として成長できる機会だなと思って、1日1日を大事にしたいと思っています」

 浅野拓磨、井手口陽介らリオ五輪世代の仲間はすでにハリルジャパンの常連となっている。室屋は「ずっとリオ世代の選手が試合に出ているのをテレビで見ていたので、そういうところに自分もどんどん入っていけるようにやっていきたい」と意気込んだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部