連続テレビ小説「わろてんか」で、万丈目吉蔵を演じる藤井隆/(C)NHK

写真拡大

12月9日に第60回の放送を終え、そろそろ折り返し地点も見えようというところの連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】葵わかな、お尻でドン!藤井隆との攻防にほっこり/(C)NHK

葵わかな演じるヒロイン・てんと夫の藤吉(松坂桃李)は経営する寄席を増やし、忙しい毎日を送っている。しかし、月の井団吾(波岡一喜)や団真(北村有起哉)といった新たな登場人物が巻き起こす騒動に、夫婦の仲も怪しくなってきた。

そして、古参の芸人たちは待遇改善を求めてストライキを決行。12月11日(月)から始まる第11週に向けて、課題が山積みとなっている。

そんな暗雲垂れ込めるストーリーの中で、視聴者に安定した“笑い”を届けているのが藤井隆だ。“全く面白くない芸人”役でありながら、その表情やせりふ回しで登場当初から「面白過ぎる」との呼び声が高い。

今後の展開が期待される万丈目吉蔵役・藤井のインタビューを紹介する。

■ “面白くない芸人”役は、気が楽です(笑)

──“朝ドラ”への出演は「まんてん」(2002〜03年)に続く15年ぶり2回目ですが、本作への出演が決まった時のお気持ちは?

寄席が舞台になる物語の中で、芸人の役をやらせていただくのは本当に光栄です。ただ、万丈目は出演者発表会見でも、「全く面白くない芸人」と紹介されたんです。だから、本当に気が楽でしたね。設定が「大爆笑をかっさらう」とかだったら、「いやだ!」ってなるんですけど(笑)。

──これまで撮影されて、印象的なことは何ですか?

美術部の皆さんの努力の結晶である、セットや小道具、持ち道具の細部を見られるのを楽しみにしているんです。たくさんの持ち道具が手作りされているのを知っているのですが、愛情たっぷりで、感動しています。

衣裳やメイクはお芝居を引っ張ってくれていますね。例えば万丈目が着ている半てんは、実は半分ずつ柄が違うんです。これはたぶん、貧しい生活の中でのちょっとした遊び心を演出している部分だと思いますし、万丈目の性格が強く打ち出されているところだと思います。

──万丈目といえば“うしろ面”ですが。

万丈目に用意していただいたお面も、とてもユーモラスな顔をしているので和みます。“うしろ面”は稽古をしてもとても難しいですが、少しでもうまくできたらいいなと思っています。

■ 葵わかなは“朝ドラ”のヒロインの理想形

──葵わかなさんとの共演は、いかがですか?

葵さんは、本当にかわいいんです。京都の薬種問屋のお嬢さんをかわいく演じられるって、とっても素敵だと思います。出演者のひとりとして共演させていただいていますが、その役柄を飛び越えるくらいかわいいと思えるのは、“朝ドラ”のヒロインとしての理想形だと思います。

葵さんがメークしている最中に、鏡越しにあいさつしたことがあるのですが、わざわざこちらを振り返って目をしっかり見てお話ししてくださって。随所に出るお育ちの良さが、現場の雰囲気を良くしていると思います。

──では、万丈目とは古くからの知り合いという設定の藤吉役・松坂桃李さんはいかがですか?

藤吉と万丈目は年齢が離れた友人なんですが、その2人の雰囲気を松坂さんがすぐ作ってくださったので、戸惑うことなく「ボン!」と親しみを込めて呼ぶことができました。共演シーンは、わくわくするんですよ。

藤吉から万丈目に対しての言葉遣いは、敬語を使ったり、「やったるわ」「がんばりや」とお兄さんぶった喋り方をしたりと、わりと不安定なんです。けれど、松坂さんがひょうひょうと演じてニコッとしてくれるだけで、こちらもお兄さん気取りになれたり、“ボンはやっぱりええとこのボンやな”と思えたりするから、すごいですよね。あと、お芝居中、チラチラと藤吉さんと目線が合うのがすごく楽しいです(笑)。

■ 芸人としての思いも込めて

──最後に、視聴者の方へメッセージをお願いします。

“笑ってください”という意味の「わろてんか」っていう言葉は、すごくいいなと思っています。僕も芸人として、たくさんの先輩方から教えていただいた思いです。物語の面白さはもちろんですが、一話でも多く見ていただいて、時代を経ても変わらない「わろてんか」という気持ちを、皆さんに持っていただけたらと思います。(ザテレビジョン)