「このくらいなら大丈夫でしょ」と小さな買い物を積み重ねていくうちに、いつの間にか浪費癖をつけてしまった…という人は多くいます。また、自分の浪費癖について気づいていない人も少なくはありません。この記事では、浪費癖のある人の傾向や特徴について見ていきます。当てはまるものはないかチェックしてみてくださいね。

「お得だから」とセール品を買ってしまう

お買いものに行ったとき、「半額」や「○割引」という文句を見るとついつい吸い寄せられてしまう…という傾向はありませんか?セール品は確かに定価よりも安いですが、買わなければならないものではありません。そこで「今買わないと損だから」といって必要のない見切り品やセール品を買ってしまうと、買ったのに使っていない、という状態を招いてしまいます。使わないものにお金を払うのはもったいないですよね?特に食品などは、腐らせて捨ててしまうケースもあります。いくら安くてお得な商品でも、必要がないものは買わないようにしましょう。

お金を使うことで満足感を得ている

「買い物依存症」という病気があるように、買い物には特有の中毒性があります。お金を払って何かを得るという行為は、なかなかに達成感や満足感を得られるのです。だからと言ってストレス解消に買い物の回数を増やしては、浪費になってしまいます。意味もない買い物にお金を使うのはやめましょう。無理に何かを買わなくても、ウィンドウショッピングだけでも十分に楽しめますよ。

衝動買いをしてしまう

衝動買いは節約の大敵。確かに買い物は一期一会ですが、お構いなしに何でも購入してしまうと浪費になってしまいます。「欲しい」と思ったものを見つけたときは、本当に必要なものなのか、お金を払って後悔しないものなのかをよく考えてみましょう。また、その商品が本当にそこでしか手に入らないものなのかもよくチェックしてくださいね。


writer:さじや