世界でも指折りの多民族都市・ロンドンは、世界各国のグルメが集まる美食都市でもあります。「ロンドンに行ったら絶対に食べるべき」といわれている料理のひとつが中華料理。

ロンドンには100軒あまりの中華料理店がひしめくヨーロッパ最大の中華街があり、手ごろな価格で本格的な中華料理が味わえると評判なのです。

ロンドンの中華街があるのは、市内でも随一の繁華街・ソーホー地区。ロンドンが誇るミュージカルを上演する劇場街から目と鼻の先という一等地に、突如として中国門や中華料理店が並ぶ中華街が現れます。

通りの名前を示す看板には漢字も。

中華料理の専門店どころか、中華料理とタイ料理とベトナム料理を一緒にしたようなお店も多いヨーロッパにあって、ここでは広東料理店、北京料理店、飲茶専門店、火鍋専門店など、特定の地域やジャンルに特化した本格的な中華料理店が数多く見られます。

特に美味しいと評判なのが飲茶。ヨーロッパで本格的な天心を出すお店を見つけるのはそう簡単ではありませんが、かつて香港がイギリスの植民地だった背景もあり、ロンドンでは本物の天心がいただけるのです。

日本人在住者や旅行者も「美味しい」と口を揃えるロンドンの飲茶の実力がいかほどのものなのか、筆者も実際に体験してみました。

ロンドンの中華街で、数々のガイドブックや旅行口コミサイトの賞を受けている人気店のひとつが「Joy King Lau」。

天心は一皿3〜4ポンドと物価の高いイギリスではかなり良心的な価格。何を食べても美味しく、ロンドンの飲茶のレベルの高さに感動しました。特にプリプリのエビをたっぷり使ったエビの天心がおすすめです。

「もっと安くお腹いっぱい食べたい」という人にぴったりなのが、ビュッフェ式の中華料理店。10ポンド前後で温かい料理が好きなだけ食べられるというだけあって、現地の若者にも人気です。

レストランだけでなく、アジア系のスイーツショップやベーカリーも点在しています。中国系のベーカリー「Bake」の看板商品は、たい焼きをコーンに仕立てたユニークなスイーツ「たい焼きアイスクリーム」。

ほかにも、タピオカティーやバブルワッフルのお店もあり、中華街らしく食べ歩きにぴったりなおやつやドリンクが見つかりますよ。

横浜中華街に比べると規模は小さいものの、中国系スーパーや雑貨店、漢方薬局、マッサージ店などもあり、中国系の人々の暮らしに欠かせないモノやサービスは一通り揃っているという印象。

中国系スーパー「SeeWoo」では、生鮮食品からお菓子や乾物まで、多種多様な中国・アジア食材が並んでおり、ロンドン在住とみられる中国系の人々でにぎわっていました。

アジアの市場のような雑多な雰囲気を感じさせる一画もあり、英語の表記がなければここがイギリスであることを忘れそうになります。

中華料理店だけでなく日本料理店や韓国料理店、ベトナム料理店、インドネシア料理店もあり、もはや中華街の域を超えて一大アジア街と化しているといっても過言ではありません。

日本人からすると、とても気になる店構えの日本料理店もちらほら。

一方で、どれだけ中国系・アジア系のモノやサービスがひしめき合っていようと、ベースとなる建物自体はヨーロッパ風なのが面白いところ。

クラシカルなイギリスの街並みとアジアの文化が融合したロンドンの中華街は、日本にある中華街とはまた違った不思議な雰囲気を醸し出しています。

本格アジア料理やバラエティ豊かなスイーツが楽しめるのはもちろんのこと、ただ歩いて街を観察するだけでも楽しいロンドンの中華街。

アジア料理に舌鼓を打った後、本場のミュージカルを鑑賞、なんていうロンドンの過ごし方もいいかもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア