初先発で堂々たるパフォーマンスを見せた中村航輔「全ての面で成長したい」

写真拡大

 再三の危機から日本代表を救ったのは、A代表初先発となったGK中村航輔(柏レイソル)だった。

「チームとして結果を出したことがない選手だったので、アピールできてよかったです」

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会初戦で朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦した日本代表はMF井手口陽介(ガンバ大阪)のゴールで1−0の勝利。優勝を目指すチームとして、この勝利は大切だった。

「難しい中でしたけど、いつも通りのプレーを心がけてそれができたと思います。国際大会でA代表で経験するのは初めてでした。このレベルでは、ほんの少しのところで結果が変わると思うので、悪い方向にならなくてよかったです」

 試合前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「課題はコミュニケーション」と話した通り、中村も「その点について気を使いました」と、連携面を弱点を語った。「国内組だけで初めてのメンバーも多かったです。でも、初めて同士のメンバーも、お互いにサポートできていたのでよかったと思います」。また自分も「全ての面でレベルアップしなくてはいけない」と、活躍に浮かれることなく自身の成長を誓った。

 11月に行われた欧州遠征でメンバー外となった中村は、憤りを感じつつも特別なことはしていなかったと明かした。「あそこで選ばれなかったことは悔しかったですが、何かを変えることはしなかったです。日々の積み重ねが大事だと思っていました」と、一歩づつ努力していたことが代表での結果に繋がったと話している。